なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

にっき

備忘録。

新宿、好きなんです。嫌いなんだけど、好きです。南口が思い出深くて。

f:id:painful-ira:20200218021015j:image

15日、早めに仕事を切り上げて、3km歩いてバス停へ。バスで駅へ。電車に乗って新宿で降りる。

急いで取ったカプセルホテルにチェックインして、荷物を預けて、街をふらふら。土地勘が全くないので、何回同じ場所を歩いても覚えられなかった。多分好きな人とかと歩くと余計覚えられないだろうなと思った。建物が全部高くて、看板がたくさんあって、目がチカチカする。空が狭い。

 

イメクラと、ヘ⚪︎スって、なんだろう?と毎回思う。そして毎回調べないまま忘れてしまう。

『覗き部屋』という看板を見つけた。昔漫画で見たけど、本当に存在するのか、と驚いた。可愛い女の子がいるのかな?いつか入ってみたいな。

「バーニラ、バニラ高収入〜」と去っていくトラックはなんの広告なんだろう。高収入だし肉体労働を頑張るのかな。

色々考えつつめちゃくちゃ早くホールに着く。並ぶ。人の悪口を言う人、足をふらふらさせながら落ち着かない様子の人、人の顔をジロジロ見る人、一瞬横切っただけで美人と分かる人、色んな人がいた。都会で生きるのは大変だろうなと思った。田舎で接する人間の数はたかが知れている。

 

公演を見終わってそのまま「すずや」へ。

カウンターが良くてお願いした。ユニカビジョンというものを眺める。隣はカップルと、1人の男性。この男性がすごく神経質っぽかったので、なるべく静かにとんかつ茶漬けを食べた。カウンターは隣との距離感が近いから、なるべくね。

とんかつ茶漬け???と思っていたのだけど、とんかつが美味しいのはもちろん、海苔、高菜、梅干しが付いてくるのと、味噌汁の具もしじみなのが嬉しかった。美味しい。しょっぱめなので普通に食べてたらご飯がなくなる…!と思い、多めにとんかつを残してお茶漬けに。キャベツだけおかわり。

普通盛りでお腹がはち切れそうだった…!食後に熱いお茶も出してくれた。普段おうちでとんかつを揚げたりしないので、久しぶりだったなー。

外国人のカップルと一緒にエレベーターを待ってたら、一台来て、乗ったら、もう一台も来て目の前で開いて『きまじぃ…』ってなってカップルと顔を見合わせてふふっと笑っちゃった。気を遣って後から来た方に乗ろうかと思ったけど、まんぱんだった。

一階についてボタンを押して、先に降りるように促すと、女性がお礼を言ってくれた。やさしい。

 

ホテルの目の前がファミマなので、ちょっと必要になったものを買ってホテルに。

シャワーを浴び、タオルで頭を拭いてると、あー…と気まずそうに外人さんが話しかけてきた。

it towel get の単語でなんとなく分かったので、lockerと言いながら鍵を見せると、OK,thank youと言ってくれた。どういたしてまして、を言う発想がその時は無かったけど、たしか私は指でマルを作ってにこにこっとした。伝われば良いんだよな、と今思った。

外に出てエレベーターに乗り、共用スペースに行き手紙を書く。時間が過ぎる。書いて添削したり、誤字脱字などで、持ってきた便箋がほぼ全部ダメになってしまい、戻って寝る。

 

16日

4時間後くらいに目覚める。1番ドアに近い人が物凄いイビキをかいててたくましいなぁと思った。

支度をパパッとして、余裕を持ってチェックアウト。物凄い雨。傘持ってきてて良かった。

渋谷のロフトへ行ってレターセットを見る。

かわいいものが山ほど。目がキラキラした。素敵過ぎるものは書く時に荷が重いし、シールがついてて封ができる物を選んだ。

以前来た時は時間がなかったので、今回は全部のフロアをさらさらと見た。ここに住みたい、と少し思った。

 

落ち着ける場所を調べたら、勉強カフェ、という場所を知った。1時間550円でスペースを借りれる。コーヒーとかも飲める。近くにあったので行って、そこで手紙を書いた。それがもう、全然時間が足りなかった。1時間すごく短い。結局乱筆乱文になってしまったけど、短い文章でねぎらいの言葉がかければそれで良かったので、いいかな、と思った。私の気持ちの問題じゃない。相手がどう思うかの問題。嫌な気持ちにさせなければそれで。

 

お腹がずっと鳴ってるので、とりあえず新宿に戻って豚骨ラーメンを食べに「貴太郎」へ行くも準備中!!がーん。また今度ねー。

そういえば!とビスケッティ佐竹さんに教わったラーメン屋「たかはし」へ。15分くらい並んだかな。

f:id:painful-ira:20200218031554j:image

隣の人が撮っていたので、私も撮ってみる。すごく不思議なラーメンだった。

まろやかで、しょっぱくない、しつこくない、でもあご出汁がガツンときいてるのでパンチがある感じ。メンマが太くて大きくて、ローズポークもおいしい…。寒かったのでゆっくり味わって食べた。栃木にもあご出汁ラーメンってあるのかな…?

 

ハラペコだったから足りないなー、とスタバを探す。コーヒーがのみたい、、。

ルミネエストのスタバはお休み。アルタのスタバはイートインがない。中村屋ビルのスタバ、マルイのスタバ、どちらも満席で心が折れる。人間が多いということは、すなわちそういう事なのだ。

ルノアール、という喫茶店があちらこちらにあってとても気になったな。聞いたことあるな。

あと、方向音痴なので、なんかすごくたくさんマルイがある感じがした。多分あっても2個くらいなんだろうけど…。

 

公演を見て、手紙を箱に入れて、帰った。洗濯機を回して、洗濯物を干しながら色んなことを思い出した。弟から連絡は返ってこなかった。心配だけかけやがってばかたれが、と怒らないといけない。人をなめている。

こんなにたくさん人間がいるのに私は1人なんだな、と久しぶりに孤独を感じた。何もいらないと思ってるのも私だ。キラキラしてるものは溢れかえっていたし、好きなものはたくさんあるけど、何も欲しくならなかった。

寝よ。

真・劇団アニメ座DB ~DB芸人絶滅計画~を見る、のまき

あっ、どうも…あのー、今記事を全部非公開にしてるんですけど、あんまり気にしないでください。はい。気分なので…。検索などからお越しくださってる方、申し訳ありません。

f:id:painful-ira:20200217193305j:image

15日夜公演と千秋楽を拝見。

《あらすじ》
ある日、目が覚めるとドラゴンボールの世界に迷い込んでいた勇者ミウラ。その世界では突然気が使えなくなってしまい、悟空は野沢雅子氏と体が入れ替わってしまっている。こんな時にフリーザ軍に仕えるサイヤ人3人(ベジータラディッツ、ナッパ)が侵略に来たら大変!ということで、世界を元通りにすべくドラゴンボールをみんなで集めることに。同じ様に気を使えなくなってしまったサイヤ人たち、フリーザ軍、セルもさくっと仲間になり、ドラゴンボールを集めるが…。

 

毎公演、物語の本筋、流れは変わらないのですが、ゲストによってドラゴンボールを譲る『条件』が変わってくるので、大分違った印象に。
15日夜はダーブラさん、プイプイさん、バビディさんの3人と、ドラゴンボールをかけてDBクイズ対決。まろにえ〜るの声優お三方が栃木の国にあるドラゴンボールを譲るべきかどうか見定めるため食レポを求める。
16日夜はプライドトルーパーズとモノマネ対決。和の国代表(?)すゑひろがりずの2人とヤジロベーさんが出題する古語変換クイズ。

しっかり尺があるので、全公演見た人も飽きなかっただろうなぁ。誰かが出ずっぱりって事もなく、アドリブもあるし、細かいところで言えばセルが読む文章も日本語だったり英語だったり。映画やアニメの音楽もたっぷり流れていて、原作を読んでればみんな分かるお決まりシーンとか、まろにえ〜るTVを見てる人が知ってる事とかも。
もちろん舞台として起承転結もキチッとしてて、登場人物が多い分、自ずと場面の切り替わりも多いのでダレたり飽きたりしない感覚でした。

 

《みんなの印象》

前説はたろちゃんさん(チャオズ)と山田ライトニングさん(仮天津飯)だったのだけど、確か2年目って仰ってた…?2年目の芸人さんってあんなにしっかり人前で話して盛り上げられるの…?比較が出来ないから分からないけど、すごいなーとしみじみ。

よいしょーを知らない勇者ミウドラゴンボールを知らないドラゴンボールの登場人物たちw
ほとんどを処理する見浦さんが本当に凄い。ZTVアナウンサーが仕切る場面もあるのですが、見浦さん台詞1番多そう。

みんな分かりやすく原作のキャラクターで、ブウさんはすぐ「殺しちゃおっかな〜」と言ったり、ヤムチャさんもサクッとサイバイマンにやられるし、ピッコロさんがちゃんと知恵者で居てくれる。
クリリンさんビーデルさんが喋ってる時の安心感がすごい。ビーデルさんはボケてる時ももちろん好き。
パンちゃんはバカ扱いされているものの、数少ない女子で華があるし愛おしいキャラクター。ラディッツさんの登場シーンでビーデルさんがパンちゃんを庇ってたり、ヤムチャさんの死を慰めて貰っててかわいい。でもピッコロさんの腕を食べたがるあたりはキッチリどうかしている。
原作に沿って出来てるキャラクターと、芸人本人たちのキャラクターが折り混ざってる、そのさじ加減がすごい。

 

今回1番笑ったのは多分セルさんの朗読(英語を読む)だった。あんなに涙流して笑ったのいつぶりだろう…。親友に挨拶するとコーラチケット貰えるらしい。
ハブサービスさん神龍は毎回狂気を具現化していてオリジナリティ溢れてたな、創作意欲がすごいんだろうな、私がやれって言われても、ああはなれないけど…。「氷川きよしになりたい」とお願いされてツクロークンさんが作った神龍がすごい!物作りが好きなので、弟子入りしたい…!と思ったくらい。サイバイマンの頭からプシュッ!て出るやつどういう仕組みなんだろう…。

ドドリアさんヤジロベーさん声でっっっか!!!10列目でもデカっ!!!て思った。これはみくびれない。
ザーボンさんは、どうか噛みません様に…パンツ下げません様に…頑張れ…と見守っていた。
ウイスさんは物語的に重要なので、出てくるとドキドキする感じ。中立的立場を利用する演出だけど、時間を戻したりはしないのが嬉しかった。
ナッパさんは目の演技がすごい。走り回って「ヒューッ、ヒューッ」と呼吸するのも定番だけど笑っちゃう。
ラディッツさん、悪役なのに「ラッキーだったっすねぇ!」できちんと場が明るくなるの、面白いなぁ。タラちゃんやキン肉マン物真似も見れたのだけど、プロー!!と興奮した。いつ見てもすごい…。

 

ダーブラさんは相変わらず飄々としていて、プイプイさんバビディさんの感じが私はすっごくツボだった。特に番匠さんほんと…クイズの回答の自信のなさか、キャラに寄せる為か、声が弱々しくてずっと笑っちゃった。人外キャラクターだし衣装は十分な完成度だと思うけどなぁ私は。プイプイさんも横から見なければ…!「幽白クイズなら勝てるのにー」って言ってて笑った。千秋楽は雨だったのですが、紀伊國屋入口に走って来て、ポスターをカシャッと撮り、エスカレーターを走って行った番匠さん、元気満タンで可愛らしかった。転ばなくてよかった。

プライドトルーパーズはDB超のボケをガツガツ入れてるんだけど、モノマネとかは藤原竜也氏や武田鉄矢氏なのでDBをそこまで知らない人とか子供たちもガッツリ笑ってたし、面白かったな。舞台からの捌け方好きだなー。ジレンさんの準備運動いいなー。

 

フリーザはどちらも好きで、いじられてる山本さんも、巨人師匠としてすゑひろがりずさんに言葉をかける兼光さんも好き。ぺこぺこと2人は頭を下げていた…w
DB芸人を深くは知らない私の周りの人間に「まろにのレギュラーメンバー誰が好き?」と聞くと「フリーザ!」と大体の人が答えるし、仲の良し悪しは知らない。どうでも良いっすけどね〜!って感じです。
ミウラさんが「強制ではありません、よろしければ皆さま元気を!」と言うシーン、客席間で目の前にきた兼光フリーザが振り返って「強制ですよ」とこっそり言ったの笑っちゃった。パッとお客さんにそれ言ってくれるの、嬉しいなぁ。

 

決め台詞を野沢さんに奪われて不服そうなベジータさん、髪型をいじられて泣いちゃったり、私はボケたりいじられてるベジータさんが好きなのでたまらず。2人共いわゆる花形。長年ベジータさんが貫いていたものや、培い守ってきたものが、アイデンティティさんの登場で今に至るらしいんですけど*1
ベジータさんが元気玉を促して、それを野沢雅子さんが放つっていうのが、冷静に文章だけ読むとワケわかんないけど感動するし笑えるっていう異常な面白さなのでした。
「消えろと言われて消えるほど馬鹿じゃない」って台詞がとても似合っていたし、「俺たちがナンバーワンだ」の俺たちには私たちの力も入っている*2のが嬉しいなー、ありがたいなー、と見ていた。
最後暗転して後ろからライトが光る舞台で決めポーズするベジータさんはとてもカッコ良かったな。惚れちゃうね〜、物販のTシャツすら入らない女に惚れられても困っちゃうね〜、という訳で

《物販》

Tシャツなどがあり、XLとLサイズがすぐ品薄になってた様子。

見本があって目視したのですが、XL…肉の都合上やめておきました。イチバチで買うのが怖く。グリーンが可愛かった!ロゴが可愛いので、「ステッカーとキーホルダーください」とお願いをしたら「よいしょステッカーもですか?」と聞かれ、「あ、それは大丈夫です」と答えたら後ろのお兄さんが笑ってました。もうひと回り大きければ…!でも何に貼ればいいんだろう?

ステッカーは職場で出勤日を変わってくれたおばさまに。(何気なく話したら、DB芸人!?知ってるよ!バスツアーも新聞で知って本当は行きたかったの!劇やるなんて知らない!行きたかった!とはしゃいでいた…wさすがにとちぎテレビでこの舞台のCMなどはやっていなかったので、そういうのがあったらエライことになってたかも…)

 

《アフタートークゲスト》

山里亮太さん堀川りょうさん、とにかくかっこいい。なんかもうゲストに釘付けでした本当に。
ベジータさん以外のDB芸人と山里さんが絡んでるのを私は見たことがないのですが…不安にならないのです1ミリも。えっ大丈夫かなって思わない。確実に面白くフォローしたり落としたりしてて、うわーーーうわーーーすごい…すごい…お笑いに関してずぶの素人である私にすら分かる凄さって事はとんでもない物なのだな…。ラジオとか聞く時も勿論ありますけど、生で見ているのはやっぱり違う。毒もあるけど『そこはかとない優しさ』が強く印象に残った。

 

ちょっと体調が悪くなって離席してる間に堀川さんのトークが始まってしまって登場シーンとかは見れなかったのですが、自分の想像よりすごく物腰柔らかく言葉尻が優しい方で。ほわっとしたのも束の間でベジータの声を聞いたら感極まって泣きそうに。とてもぞくぞくした。声から滲み出てる貫禄なのかな、声優さんの声にはやっぱり魂がこもってるのかな、胸に浸透してくる感じが凄かった…ずっとドキドキしてた気がする。

 

ニコ生では「大丈夫かなー?」って感じだったので、えー2回も見るし面白くなかったらやだなーとか馬鹿っぽいことを考えてたんですけど、面白くないわけがなく、90分の劇は体感30分でした。

私はボンビー女なので気の利いた差し入れなどは全く出来なかったのですが、大きな怪我などなく無事に全公演終わった様子で、ほっ。

なんか思い出したり思うことがあればそのうち追記しますー。

*1:私は2年前くらいからのお客

*2:と勝手に思っている