なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

ねむるまえ

眠る前のひとりごと。。。

 

 

電車で隣に座ったお兄さんがとてつもなくいい匂いしてた。どこの香水だろう、トムフォードとかセルジュルタンスっぽいような。知らない人のつけてる香水ってどこのですかって聞けないよねぇ。

 

 

コンビニの店員さんで久しぶりに優しい男の人に出会ったな。アメリカンドッグ二本とペットボトルの飲み物を買ったら

アメリカンドッグをまとめて透明のタッパーに入れていいですか?」と言うので、「はい」と答えたのだけど

そうすると同じ袋に、一緒に飲み物を立てて入れられなくなってしまって。

後ろにもお客さんが並んでいて、私はチャージされたカードで支払うので棒立ちで見つめていたので、余計に慌てている様子の店員さん。

ふふっと見ていたら、店員さんは照れていて、「ありがとうございます」と言いながら受け取ったら、案の定、袋の中でパキパキとタッパーとペットボトルが潰し合う音がして、またふふっと笑ってしまった。

こういう時ぶすーっとして『なんでこんなの頼むんだよ』みたいな顔する店員さんも居るのだけど、そうじゃなかったのが嬉しかったな。

タッパーに入れずに一本ずつ紙袋に入れた方が良かったんだろうな。

 

 

普通に好きだった人のことを、物凄い勢いでギューンと嫌いになってしまって、えーって、すごくシュンとしてしまった。

悪いことは悪いのに認めない、すぐ言い訳する、第三者のせいにする、謝らない、これがとにかく好きではなくて。

相性とか、可愛げの有無でまた違ってきたりするのだけど、母親を見ているような気持ちになる。こういうタイプの人間と関わるのは、母親ひとりで私は十分。

反面教師にしないと良くない、本当に気をつけようと思った。私はわがままだし、謙虚な気持ちとかは忘れないようにしなければ。。。

 

 

友達や職場の人に「天然」と言われるので、頑張って調べたのだけど、要するにアホ、ということみたいで…。うーん。

天然って、仕事では関わりたくないし、仕事できない、みたいな感じらしい。わー、まあ、たしかに仕事はそんな出来ないよ、だからこそ責任感は強く持っているつもりなのだけど!

これは直せないのだろうか。ドジでうっかりなのは多分直らなくて、意識的にミスを減らすように前段階で準備を怠らないとか、そういう予防は出来るのだけど、それでいざやった時にミスが0になるかというと…ならないよなぁ、人間だし。。。

他人にどういった風に気を使わせてしまっているのかが気になる。そういうの分かれば、無駄な労力を他人にかけないように働けるもんなぁ。

 

 

男の人とメッセージをやりとりした時とか、結構『この人結局何が言いたいんだろう、なんて言って欲しいんだろう』みたいな感じがほとんどなんだよな。『どう言って欲しいのか考えて返すだけじゃ、結局私の意思じゃない』と思いながら返信をする事が多い。だからなめられるんだろうな。

それは文章の感覚が合わないというのもあって、理屈っぽい人がよくわからないのだと思う。

本当に困ってしまった時「感覚が合わないと思う」と伝えたら、たくさん責め立てられた後に「なんのために国語勉強したの?読めば分かるよね?感覚が合わないんじゃなくて考えが足りないんだよ」と文章が返ってきたことがあって、本当に本当に、心の奥底から『知らんがな』と思った。

だから私は読み取る力がきっと少ないんだなと思う。本読んでるだけでそれカバー出来るようになるのかな、不安だな。色んな人とお話しとかも必要なんだろな。

 

 

ねよーう。

 

にっき

出かけた。慌てていて、薬、折りたたみ傘、ヘアゴムを忘れたことに気づく。結局大宮でゲリラ豪雨があり、傘を買った。

日傘兼用の折りたたみ傘が元々欲しかったので、まあいいやーと。

ふわふわじゃないパンケーキをずっと食べたかったので、食べられて嬉しかったー。

f:id:painful-ira:20190821015335j:image

 

17時くらいに一旦ラクーンに入って、5分くらいの立ち話で所用を済ます。やらねばと思ってたけど大宮にまず来ないので、だいぶ遅くなってしまい人を困惑させてしまった…申し訳ない…へこへこ。

ラクーンを出て別の用事をいくつか済ませた後、間に合わないと思ってたYouTubeの公開収録に間に合いそう、と。むしろ余裕を感じたのでタピオカに並んでみた。

で、飲んだ結果、私には合わないと知った。値段に見合う価値がわからないっぽい。ベースがミルクティーじゃない、抹茶系とか、そっちを攻めた方が私に合うのかも。サイズはMで満腹だったな。またいつかね。

 

東急ハンズへ。軍手を探し求めているのだけど、理想の軍手は見つからず。

今使っている軍手は頂き物なのだけれど、一体どこのものなのか、分からない。なかなか見つからないものだなー。

 

開場時間前に到着。しばらく待って、たくさんたくさん人がいるので後ろにいたのだけど、何かかすかに聞こえるような…と前の方へ前の方へ行ってみると

「80番までの方〜」と!えー!!!

何番刻みで呼んでいたか知らないけれど、まっっったく聞こえていなかった…あれだと整理番号の意味が…マイクとかあればなぁ。ちなみに私は30番代でした。隅っこの方に座れた。目も耳も悪いので、前の方にたまたま座れてかなりありがたかったな。*1

来ていなくてYouTubeを楽しみにしている人も居るはずなので、内容は書かないです。

 

収録されないとこでいうと、ジャンケン大会があった。

始まる前に隣の女性が「ほしい…」ってつぶやいてるの聞こえて、一回目参加したのだけど、私はお部屋にサインあるしな、と思い二回目はやめた。勝って貰えたらその人にあげる、とかも考えたのだけど、なに怖いアンタ誰?って100%なるよな…きっと。ほわっとしたなー今日も。

 

で、愛しのジョナサンに会いに行く。

うにゃうにゃ悩んで、低カロリー雑穀カレー。量少ないから低カロリーなんだな、辛さも丁度良かったしやっぱり鶏肉が美味しい…。

桃フェアがやっていたら多分私は耐えきれなかったな!メロンでよかった。電車の時間を考えてささっと退散。

 

 

なんかずっと食べてて買うべきもの買ってなかった!わあああ!猛省!!!!!おわり。

*1:見浦さん声小さいので、今回に関しては。

どきどき

毎日更新せずにお笑いの話を書いたので、個人的な話も記録。先週あたりからたくさん見ていただいて申し訳がないのですが、お笑い以外がほとんどのブログです。

 

 

今週はずっと何かしらで胸がどきどきしていた。嬉しいとか楽しいとか大変とか辛いとか理由はたくさん。

普段の生活にもそういうものは必要で、悲しいことも、不要なものではないのだと思う。そう思えるようになったのが驚き。子供の頃とか毎日泣いていたのにな、不思議なものだ。

 

 

今日は少しだけ道の駅に行った。体調が悪く本当にほんの少し。

友達が買い物してる間、遠くからベジータさんとフリーザ様を見た。

握手やお写真の時間みたいなのもあって、カバンの中には先日渡せなかったカードも入っていたのだけど、今更だなと思ったと同時くらいに友達が帰ってきたので、そのまま足湯に入って帰った。相変わらず笑えるくらい熱いお湯でどきどきした。

 

 

投薬が終わったのに効果が出ず10日くらいが経ち、ダメなんだ、と落ち込んでいたけど、それはたくさん笑って少し緩和されて。昨日突然薬の効果が出てビックリどきどきした。ストレスを減らすのは大切なんだなー。


 

20日のチケット、郵送でお譲りできる方を探していたのだけど、探している間どきどきした…そして見つからなかった…。インプレッションが多いのに連絡が来なかったのは私が怪しい人間だと思われたのだろう…条件も多かったし。はてチケットどうしよう。悩ましい…。

 

 

デュークと話していたら、「とりあえず俺たちは恋愛をしないとダメだと思う」と言っていて、ドキーッとした。ゲイなのは知っているけど、俺たちって言うものだから…!

人を好きになると人はキラキラしたりするよなぁ、デュークの言いたいことはなんとなく分かる。

 

 

新宿のルミネでステキなお姉さんがいた。

40代くらいの方で、丸いサングラス、ベリーピンクのリップ、髪は黒髪を三つ編みにしておだんごにしてて帽子もかぶっていた。

紫色のサロペットに下駄をはき、カラフルなコーチの*1エストバックを背負っていた。

ポケットに片手を突っ込み、もう片手で売り物のピアスを手に取り、これどう?と贈り物を見ている友人に提案しているようだった。

センスだけではなく仕草まで格好良く、どきどきした。

東京はみんな雑誌から出てきたみたいにおめかししていてすごいな。みんなかわいくてキラキラしていて、トイレの鏡で自分が沼みたいに見えた。

みんな何かに自信があるからキラキラしているのだなきっと。

 

 

「うっざ、田舎者ばっかり」と通り過ぎさまに言っている子が居て、どっきーん!とした。

そこに居た沢山のお客さん全体を言っているのも、そういう事が言いたいお年頃の子なんだろうなというのも分かっているけど、わー見抜かれた!とどきどき。見抜かなくても見て取れる芋くささなのですが、しまむらの700円のワンピースですいません。ルミネに入る予定じゃなかったんです、、、。*2

 

 

渋谷は生臭くてどきどきした。お金持ちの人は東京の有名な所に住んでいるイメージで、でも渋谷に住んでいるよと言っている人をテレビとかで見たことないなと思っていた。あんなに空気が悪いとなかなかつらいものがあるなと思った。

 

 

午前中に無限大ドームの周りをウロついてて驚いた。目に入っただけでタピオカ屋さんが3軒あった。本当に本当に信じられない。

たとえば田舎にハンバーガー屋さんが歩いて行ける距離に3軒あるかって言ったら絶対にないのだから。

渋谷って歩いた事ほとんど無かったから、初めて、こういう街なんだなーと知れた。

とりあえずハチ公口から出るのはとてもとてもたくさん歩くから大変、というのを覚えておこうと思う。

*1:グッチだったかも…

*2:スーパーに来た主婦みたいな出で立ちだった私

芸人ボードゲームパーティをみる、のまき

f:id:painful-ira:20190815203652j:image

行くか行かないか悩んでいたこのライブ。

追加ゲストに稲垣早希さんと佐助さんが決まり、あ、これはもう行かなきゃダメ…と。

オープニングで「佐助さんが決まってお客さん減ったでしょ」と誰か言ってたけど、私からしたら逆で面白かった。

ちなみに前日にネットで買おうとしたらクレカでしか買えなくなってしまってて本当に焦った…もたもたするのも大概にしないと、と反省。

右側に座っていたので、前にこう大さんが居るくらいの位置から見ていた。


ヨギ、こう大さんと藤本さんと池田さんの負けず嫌いが発揮されてて、ええ感じだった。

このゲーム見てる側からすると同じポーズしてみたくなるなー。

こう大さんの汗がすごかった…!耳の上とかプツプツしてて…!

負けてからTシャツパタパタしてて、お腹丸見えで!藤本さんも屈んでから腰が見えてて!わあああ、見ちゃ悪い、すいません、と思いしばらく佐助さんをガン見していた。w

 

ワードスナイパー、シンプルに楽しそうなゲームだった!

『すぐ壊れるもの』に「幸せ」と答える稲垣さん…!

『きから始まる駅名』に「喜連川」と答える藤本さん。みんなぴんと来てないのが面白かったな。

大喜利を見ていた時、私にとっては想像しやすい言葉が面白いに繋がりやすくて、人を『想像したい気持ちに転換させられる言葉』を上手く書ける人が面白いんだなぁと思った。

このゲームも、速さも大事だけど同じくらい想像する、させる力があると強いのだろうなぁ。

こう大さんがガツガツかぶせて答えてるの一生懸命で面白かったなー。


テレストレーション、佐助さんの画力が…!これはきまじぃ…!うざさわ先生って全然絵を描いたりしないんだなとは思っていたけどこういう事だったのか…!

佐助さんの「きまじぃ〜」に小さい声で「すぐそれ。言語野どうなってんの?」と寺内さんが聞いてて不意打ちで笑っちゃった。


エクストリーム、ルールは最初ピンと来なかったな。あれは紙一枚使って誰かサササッと実際にやってみてくれた方が早かったのかも。とりあえずやってみる?みたいな空気になった時、何とか少しでも分かって欲しい、みたいに説明する池田さん。や、まだ足りないと付け加える藤本さん。2人共、きめ細やか。

やってみると分かるのだけど、前のかわい子ちゃん達が個人的にこう大さんに教わってたのすごく面白かった。距離感よ…!w


もたもた採点していたので話を全然聞いていなかったのだけど、500点超えの方がいらっしゃったそうな。ザワザワしてたのはそういう事だったのか。

ひとりで『???まいっか…えーと…』としていた。(マイペース)

500点はすごいなぁ、平均点とかあるのかな?


稲垣さんは実物も綺麗だった…コーラルピンクのリップ似合ってて、顔も小さくて…ふんわりした黄色いワンピースが夏らしくて可愛かったなぁ。声にも癒されるし女性が一人いると華やかで良いな、ほわほわ。

首でカード挟んで「見えない…」「なに???」って言ってるの、可愛い上にじわじわ面白かったなー。

『素の藤本さんは大人しいし静か』って結構あちこちで読んだりしていたのだけど、未だにそういう印象が持てないなぁ。テンションブチ上げの時とかは声も普通に大きいし、ベジータと比較するとそう評されるのかなーという感じだった。

 

1時間半は短い感覚もありつつ、私には集中して見続けられて良い具合だった。楽しかったけど、このライブは誰かと一緒に来たいかも。1人は少しだけ寂しい。誰かときゃっきゃ笑いながら見たい。その誰かが私には居ない。きまじぃ〜!


バカなのでやってるゲームのルール分からなかったらどうしよう!!と思って二の足踏んでましたが、今回は何とかなりました。ほっ。おバカに優しいのありがたや〜。また見たいな。

 

 

 


このライブのあと、客席でイヤリングを落としてしまったーという話を書きましたが、さっき問い合わせたところ、そういったものは拾われてないとの事…。

見まわりの方が見つけて拾わない限りは出てこないだろうという話なので、一旦諦める。次に劇場行った時、今回座った場所らへんに座ってキョロキョロ探してみよう。おばあちゃんがくれた大事なものなので、ドジだけど、忘れないように探さなくちゃ。

渋喜利をみる、のまき

f:id:painful-ira:20190814175606j:image

3月ぶりの劇場、初めての無限大ドーム、初めての大喜利ライブ。でもって、全員初めて生で拝見しました。藤本さんだけベジータ状態見てるけど。

みんな知ってはいるけど、目の前にいるとすっっっごい変な感じ。うわー、画面がない!って10分くらいドキドキしていた。

みんな渋〜く登場、渋〜く自己紹介して、ゆるゆると開始。

正直笑ってた事しか覚えてないです。出来る限り頑張って思い出して書いたのですが、完成間近の記事が消えたので、もう気持ちも折れたまま書きます…。すいません…。


 

ズラすハブさん、戻してくれるミヤシタさん。

背は高く声は小さい、渋々な五明さん。

指して欲しい時ニコニコしちゃう三浦さん。

どうしても「外だぁ〜」を使いたい好井さん。

ずっと足を組んでずっと笑顔で解答したりお客さんを見てる高佐さん。こんなにニコニコしてる方だったのかぁ。目があった気がしてしゅぴーんってなってしまった。

舞台にいる人と目があった感覚がする(実際には勿論目なんてあっていないのだろうけど)この現象に名前はあるのかなぁ?

初っ端から藤本さんの回答にどきーっとしてしまった。ワイルドな回答もサマになっていたな。

マイワールドに入っているように見える、りょう似のZAZYさん。


こういう場を体験するのは初めてなわけですが、みんなが回答をかぶせていくの、神々の遊びみたいだなーと笑いながらふと

この人たちは、今日のお客さんはこういう事で笑うんだな、と読んで回答を考えてるんだ。と気付く。

え?なにそれ怖い。怖くないですか?凄すぎませんか。こわいこわい。

自分の回答で面白いと思う人だけが笑えばいい、みたいなのも勿論あるだろうし、自分のスタイルみたいなものもあって、バランス取りながら目の前の人に向けて回答してるのかなと思うと、ストイックさを感じるなぁ(気付くのおっそい)

途中笑いすぎて涙出ちゃったなぁ。

 

司会の松尾さんも凄いなぁ、回答をさっと読み取って返しをするのだけど、その返しでお客さん側に分からせてくれたり笑いにするの。頭の回転の速さだけじゃなくて、すごく勘もいい方なんだろうな、芸人さんたちはこういう事出来るからみんな面白いのだろうな。。。

 

あと『渋い』を結構推して告知とかされてるのを見てて、渋さ強調で始まったから「拙者〇〇でござる」とか回答するのかなと思ってた。普通の大喜利でした。ほっ。

ちなみに私が思い浮かべる渋いものは三船敏郎です。ベタだね〜。

雰囲気はなごやかで、全然笑えなかったらどうしよう!と不安だったのだけど、ずっと笑ってたや。本当に行ってよかったなー、正直また大喜利ライブには行きたい。もう行きたいもん。少しピリピリしてるのも見てみたいなー。

東京ドジフミ娘

ただのおばかな日記。読む人のためお笑いの記事はまた別に書きます。

いずれにしろ大したことは書かないですけど…。

 

 

6時に起きる。

最近髪を切り、それ以来初めて髪を巻いた。上手くいかず姫川亜弓になってしまい、結局ポニーテールに。

かかっていたワンピースをバサッと着て家を出る。

 

最寄りから乗り換え、小山から立っていて、具合が悪くなって赤羽で降りるのをすっかり忘れる。アナウンスが流れて、ハッと気づいて下車。

おばさんには席を譲り、私には席を譲らなかったおじさんに素直に「具合が悪い」と言えば座らせてくれたのかも。これから働く人なんだなと思ったら何も言えなかった…。

 

渋谷について、ハンバーガー屋さんが開く時間までふらつく。

とりあえず劇場の位置を確認して、ロフトに。

なんて可愛いものが沢山あるんだろう。可愛いミニカードとか、ラッピングを見ていて、あ、藤本さんにカード書きたいな、となんとなく買う。

 

開店時間を過ぎたあたりでJ.S.burgerに向かう。

ビスケッティ佐竹さんに教わったお店。

20分くらい待ってバーガータイム。ポテトとコーヒーとベーコンチーズバーガー。東京なので0キロカロリー。0キロカロリー?うん。

おいしい…満腹すぎて、はち切れるかと思った。サラダバーがあっても多分食べられなかったな。

Rさんにカードを書いてたのだけど、途中で時間切れ。劇場へ向かう。

 

大喜利を見て、新宿へ移動する途中、スクランブル交差点でイヤーポッズを落としたお姉さんが居て、誰かに踏まれるかもなので先にさっと拾ったのだけど、とんでもない美人で、「すいません、ありがとうございます」と言ってくださって…スタイル抜群で美人で丁寧…すごいな、とホワホワする。

 

新宿ルミネをさまよって、キラキラしたものを沢山見た。

サッと入れてテーブルを使えそうだったスタバに入って、カードを書き終えて、急いで池袋へ。『みはし』のあんみつがどうしても買いたかった。

私の大事な友達は、お母さんが病気になってしまったのだけど

「上野のみはしで2人であんみつを食べた思い出があって、今となってはもう2人で行けないけど、豆が苦手なのに、ここのなら食べられたのが良い思い出」と昔話してて

友達は一人でどこかへ出かけたりする子ではないので、私が買って持って行ってあげよう、とずっと思っていたのです。なかなか上野は行かないので、池袋の東武へ。

西武もあり、東武は本館とプラザ館があり、さんざん迷ってたどり着いた(笑)池袋ってほぼ歩いたことないので、少し学びたいな。

友達のと、私のお母さんの分のあんみつを買って、急いで渋谷に戻る。

 

劇場に着いてチケットを買って、ハッと気づく。

私、あんみつ持ってるじゃん。

飲食物じゃん!

慌ててコインロッカーを検索するが、ライブハウスばかりが出てくる。そのロッカーじゃない…!そういえば昨日も想定してコインロッカーを調べ、見つからなかったので駅で預けようと考えていたのだった。

スタッフさんに「あの…この辺にコインロッカーってありませんかね…?」と聞くが

「分からないですねー、無いと思います」とのことで、「あの…これダメですよね…」とちらっと紙袋を見せると、「あー」と。ですよね…!

開場15分前にして、駅まで猛ダッシュ。コインロッカーよあれ!と。

分かってます。分かってるんです。黙ってりゃバレないかもしれない。劇場内で食べるでなし。でも、そういうのをまあ良いじゃないですかーみたいな顔でシラを切って入れるような器用な人間じゃないんです私は!えーん、ドジな己を恨む。。。

 

ロッカーを発見して預け、戻って「出待ち出来ないので渡してもらえませんか?」とカードをスタッフさんに預けようとしたのだけど「直接渡すか郵送になります」とのこと。

伝言みたいなミニカードなので、そこまでではない…と諦める。

知恵袋には差し入れスタッフさんに預けられますよーとあったのだけど、『劇場で預けるのは基本無理』と解釈した方が良さそう。キリがないもんな。とても勉強になった!不審者すぎてスタッフさんには本当に本当に心の底から申し訳なかった!!

 

 

ボードゲームパーティを見て、ポッケに入れてたイヤリングを取り出し、つけて帰ろうと思ったのだけど

多分、人が割と出入り口にいるのを見ながら、電車間に合うかな…とか考えている時に落としたようで、帰りの電車の中で絶望。そういえばカンッて音したよ…なぜ気付かない…。脚かいたりしてるから…。

かなり大事なものではあるので、電話で預かってもらえないか頼んでみよう、発見されてれば。無理そうだけどイチかバチか。

 

 

小山に到着、乗り換えてる途中で、ん?手が軽いな、と。

あんみつ網棚に忘れた!!!!!!!

初めて電車に忘れ物をして慌てて駅員さんへ。「小金井*1で終わる電車なので、追いかけるか…ナマモノなので明日になっちゃうと廃棄」と言われ、迷わず追いかけ、見つかりました。本当に泣くかと思った…。

 

 

ドジって、「もっと気をつけなよ」とか言われるんですけど、基本的に気をつけててこのザマなので、その言葉は無意味なんです。これ分かる人いて欲しいなー。うっかりって、うっかりなんです。

電車が踏切の点検で遅れたので、無事乗り換えられると良いなーとか、お土産明日渡しに行けるか連絡しようとか、色々考えすぎなのだと思います。注意力散漫。

 

 

お笑いっていうか、あんみつに振り回された一日だったかもしれない。w

でも暗い気持ちにはまったくなっていない*2のは、たくさんたくさん笑ったから。ありがたいことだな…。

*1:すぐ着く隣駅

*2:反省はします…

生きとし生けるすべての

なんでもない日記を書き、朝更新されるように設定して眠るつもりだった。どうして私は起きているのだ。

 

理由はひとつ。私の部屋に奴が来た。すっと視界の隅に現れて、3度見くらいした。

サァッと血の気が引いて、お願いだからそこでジッとしてて、と願いながら慌ててリビングへ行きお薬を手に取った。

こういう時のために買っておいた200円の虫取り網を駆使して戦い、まんまと目が覚めてしまった。

最近、生き物におちょくられている気がする。

 

 

私が朝家を出ると、自転車のカゴの中に必ず一匹のカエルがちょこんと乗っている。

いつも同じカエルで、黄緑色の綺麗な色の子。でも私はカエルが苦手だ。そっと自転車を倒しカゴから出てもらい、出発する毎日だった。

ある時、今日はいないな、と思いカゴにカバンを入れて出発した。工場団地の中を進んでいる時に気づく。

え、カエルいるじゃん!めっちゃこっち見てるじゃん!

飛びかかってきたりすると怖いので、信号まで必死にこいで、こんな所でごめんね、頑張って生きてくれ…とカエルをカゴから出してあげた。それ以来朝自転車のカゴにカエルがいることはなくなった…。

 

 

庭の花壇の裏に蜂の巣が出来てしまったり、夜歩いていたら家の近所にとんでもない蛇がいて怖くて泣きそうになりながら帰ってきたり

2cmくらいのムカデがリビングにいてビックリして慌てて退治したり、車が猫を轢きそうになってブレーキをかけたものの猫は道路の真ん中でゴロゴロしているので自転車から降りて慌てて猫を拾いあげて畑に放ってあげたり。。。

 

おちょくられている気がする、というより

おちょくられている!!確実に!!

なんなんだ!なんて日だ!毎日毎日なにかしら!許してくれ!寝よう!!!