なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。 ご連絡はこちら。runarunasan@gmail.com

独り言

どこからどう見ても私がいないと困る現場と、そんな事知る由もなく仕事を入れてくれない派遣会社。どういう風に働いてても板挟みは必ずあるので、不満ではない。自分で工夫して頭を使って仕事に入るのみ。物は言いよう。

だからといって私が仕事しやすいように現場を変えていこう、とは思わない。会社のやり方は知らないし、人材の教育はあくまで社員の仕事だと思っている。*1

仕事しやすいようにワガママを黙認してもらって通すことも無理ではないけど、沢山の人にとって風通しの良い場所でなきゃいけないと思う。無言の圧力を通すのは嫌だし、陰鬱な物流会社なんて誰も来たくないよ、やっぱ。

 

 

人の言葉にいちいちケチつける人ってどこにでもいるので、そういう人は放っておくのが一番だし、勝手に破滅すると思う。卑屈な人間は結局最後まで卑屈だと私は感じる。良い悪いは私が決める事じゃない。

自分が人をどうこうする力はないなーと思ったり、自分が他人の考えを変えようと思う事がおこがましいなーとも勿論思う。

 

 

友人の某芸能人に対するメロメロ具合を聞いていて、心の中で汗が止まらなかった。

口が裂けても言えないというのはこういう事なんだなぁと。何でもない顔で聞くのが精一杯だった。沢山人に関わっている人は、墓場まで持って行く話も沢山あるのだろう。

かく言う私も、死ぬまで誰にも言うつもりがない話はいくつかあるけど、それは全部自分の話で、あくまでも保身の為だ。かっこわるいなー。そんなものは誰にでもある。

 

 

 

インスタントのお味噌汁を、初めて飲んだ。

大入袋で、生味噌と、6種類くらいの具が入っているもの。自炊なのでちゃんと作っていたし、買う機会がなかった。

飲んでみて、普通においしいなー、、、と感動。生味噌ってこんな味なんだー。もし一人暮らしになったら、お味噌汁って相当作りにくくなるので、インスタントでストックするだろうなぁ。たまにねこまんまするようになってしまいそう。太る!きけんだ!

 

おわり

*1:が、実際最近は教育もしている…人手と社員さんのやる気不足ゆえに

推進力

本当に少しずつですが、たまに書いている通り色んなものを変えていっています。

目に見えるものを変えてみたりする、そういう手軽な事からで。した事のない体験をしてみて、思考が変わっていけるといいな、とも。それはとても時間のかかる事で、人生が続く限りはそういった事の積み重ねではあるのですが。

先日中学の同級生が、私が彼女の卒業アルバムに書いた寄せ書きをインスタにアップしていて。

読んでみると、中学生丸出しなのですが、彼女の未来を予言していて。彼女は「さすがルルル(笑)」とアップしてくれたようだった。

面白すぎてスクショして、私もインスタのストーリーにアップしたら、連絡が来て、今度会おう、と。

 

最近までの私だったら、きっとなあなあに返事をして、予定を合わせず、何もなかったように、会わなかったのですが、ダメだな、と。

一緒にお茶するくらいなのだから、会おうと思い。1人は成人式ぶり、もう1人は中学の卒業式ぶりに会いました。

 

f:id:painful-ira:20190415023704j:image

f:id:painful-ira:20190415023710j:image

複数人の友達と食べ物をシェアするなんて、いつぶりだろう。

 

2人とも本当に素敵な女性になっていた。本当に。

3人とも実家に住んでいて、1人は原宿でデザイナー、1人はカフェに勤めている。

自分の仕事に対して思うこととか、人生のパートナーの話とか、色々したのだけれど

2人とも本当に根の部分が優しいし、沢山の人と知り合ったり、仕事として人に関わっているからか、コミュニケーションが苦手ーと言いつつも決断が早かったり、ほんと少しのことで「ありがとう」と必ず言ったり。

そういうの、ああ、いいなぁ。とすごく思った。

自分の至らなさを実感。

友達は魅力的なのに、どうしてそんなに自信がないんだろーって不思議に思ったりするとこもあったけれど

見えているものや価値の基準がきっと私と違うんだなぁ。勿論悪い意味ではなく。

不思議と、前向きになれる、推進力をもらった。嬉しかったなぁ。

気づいている独り言

なんでこんなに勘が鋭いのだろう私は。

二人の関係に気づいている。そして嫉妬している。

自覚があるのが余計にむずがゆい。

いつも鈍感って言われるのに、こういうところに敏感だ。みんな気づいていない。

逆に、みんなきっと私より頭が良いのに、どうして分からないの?と思う。

気付かなくて良いこともある。当たり前に。

私の声は届かないのだから、もっと上手くやってよ、と思ってしまう。わがままなのだ、そんなこと。

私の憧れる子は、人目に触れるところでこういう事を書かない。知らない人しか見てないところで書いている。利口で器用だと思う。醜さの度合いで言えば、変わらないと私は思う。

 

ただ、人の幸せを素直に、ああいいね、お幸せにね、って言えないのは確実に醜い。言えないよなぁ。友達とか家族とかなら言える。でも、そうじゃない。

 

そういう事を書くと、「本当に好きじゃないんだね」と言う人が必ずいるよなぁ、あれはなんなのだろう。どうして君は私の気持ちを君の物差しで測るのだろう。不思議だなぁ。

疑問ならいい。問いかけられるのは好き。

「本当に好きじゃないんだね」は決めつけだ。私は決めつけられることが、多分人間関係の対話において一番嫌い。

好きか嫌いかなんて、全部私が決めることだ。

 

イジメとかもそうだった。「○○ちゃんが気に入らないからハブろう。」と持ちかけられる。それに従った事はおそらく一度もない。

天然ぶって気付かないふりをして、優等生でいたのはその為だった。イジメられる子のそばに寄り添うため。勿論、求められればだけれど。

イジメられている子と一緒に行動しながら、『気に入らないってなんなんだろう』とよく考えていたな。

 

知りたくない事は気付かないふりをする。

いざという時に傷付かないように距離をはかる。

こういう事が、私のパターンだと大切で、学ぶべき事なんだろうな。

大抵、すっかりそれを忘れて近付いて、とっつかまってズタズタにされて、相手は悪気なくあっさりと幸せになるんだよなぁ。

ほとんど関わらない、例えば店員さんとか、日雇いの派遣さんとか、そういう人を相手にしていても、なるべく傷付けないようにとか、気を使おうとか、そういう事考えてる私はアホなのかなぁ。

今日の独り言

人を悪く言ったり非難ばかりしてる人はあまり好きじゃないなと改めて思った。言葉の力を侮っちゃいけない。

「君には出来ない」とか「君には無理」とか「だから○○だって言ったでしょ、私のいう通りにすれば良いのよ」とか。

そういう言葉って焚き付けるのに必要な時もある。ただ、相手を見ないと。

単純に落ち込み傷つく人とか、そもそも言葉で成長できない人もいる。なによりその人を縛ってしまう。言ってる本人に自覚があっても無くても、良くない。

 

 

人に仕事を教えるのは楽しいなぁ難しいなぁとひしひしと感じた。

言い方ひとつで失敗させてしまうし、失敗すると不安になってしまうので、それを拭ってあげないといけない。仕事ぶりを見て間違ってる部分やうっかりしている部分はフォローも必要だし。

でもそういう、お世話するようなのが好きだな私は。真ん中っ子だからかな。

最近まざまざと感じるのだけれど、やっぱり私は自分のためにより、人のために何かをする方が気持ちが楽だ。

 

 

「ルルルは早く調教してくれる人を見つけた方がいいよ」と言われた。

調教って、どんな事をするのだろう。単純に、痛いのはいやだなーと思った。

どんな人が良いとか、そういうのはなんか、ない。好きな人が好きだし、波があっても好きな人は大体ずっと好きだな。

私は、浮気とか出来るのかな。したくないけど、結構男っぽいので、あまりにも構われなくなるとふわふわしてしまうのかもしれない。

あと、浮気しないと、重いなーって思われそうだな、私の恋愛の仕方だと。

でも好きじゃない人に触れられるのはゾッとするので、向いてない…というか、浮気した時はもうその相手が好きになってる時だろうなー。

 

 

だめだねむい、ねよう。

もうダメだ、おしまいだぁ…のまき。

無料通話アプリ、sky phoneのダウンロードキャンペーンがあった。

AコースはつぶやくだけでAmazonギフト券のチャンス、BコースはR藤本さんと生電話をして、クイズに正解またはエピソードトークをし判定で合格すればゲーム機が貰えるというもの。

とりあえず生電話なんてとても心臓がもたない*1のと、ゲーム機はいらないという理由でAコースに応募。

なんと、当たりました。嬉しい。フォームを入力して、まだ返事のメールが来ていないけれど大丈夫かなぁ。。。

このBコースのエピソードトーク『もうダメだ、おしまいだぁ…となった話』というテーマがあり、応募はせずとも色々と思い出していた。

 

 

 

今から10年以上前の話…。

池袋で電車を降り、駅を歩いていると「スイマセン」と声をかけられ。片言の日本語を話すふたりの外人さん。地図を持っていて、ここに行きたいのだと指をさされる。高校生で時間もある私は、まあすぐ済むかなと思い、案内することに。

池袋に降り立ったのは初めてだったので、ガラケーで使い勝手の悪い地図をみつつ、外人さんの地図をみて確認をしながら案内。

だいぶ歩いて目的地に着くと、そこは人気の少ない場所に立つ雑居ビルで。ガシッと腕を掴まれ、ふたりの態度が豹変。

「ついてこい」と。

一応女なので男の力にはかなわず、2対1で圧倒的不利。抵抗するのも怖いので恐る恐る付いていった。階段を登り屋上まで。

 

屋上には雨ざらしになっているボロッボロの鉄格子。ガラケーを奪われ、そこに入れられ、鍵をかけられ、監禁される。青姦?臓器売買?色々考えてゾッとしたのだけれど…。

干された一枚のじゅうたんを指差し「俺たちは、モロッコ人だ。これは、上等なペルシャじゅうたん。200万で、買え」と。

 

…。

 

「買えない」「貧乏だ」といくら言っても頷かない。「働いて買え」と言われるので、自分がまだ18歳だと言うと「えっ、40歳とかだろ?」と…。学生証を出し、納得したかと思うと、次のカモを探しに行ってしまい。

 

片方の人は腕にお注射の跡が凄かったので、おそらくお薬をやってらっしゃる方だった。話が通じなかったらどうしようと思ったので、通じただけ良かった。一安心。

 

一安心?そんなわけはない。本当の地獄はこれからだ。私は真夏の都心に建つビルの屋上で、鉄格子に入れられ軟禁されたままだ。暑い。暑すぎる。脱水で簡単に死ぬ。

物凄くベタだけど「誰かいませんかーーーー!!!!」と大声で叫んだのを今でも覚えている。自他共に認める声の大きさを持つ私の声は、誰にも届かず。

軟禁されたことより、知らない場所で置き去りにされたことが『もうダメだ、おしまいだぁ…』でした。

かけられた鍵をよく見ると、自分でなんとかできそうな、針金で固定された簡易的なものだった。パニックで全く気付いていなかった。

鉄格子自体が熱く、指が格子の外へ出せなかったので、何度か足で蹴って揺らし、針金の先を外側から内側へ。針金を緩め解いて、脱出しました。カモ探しに行くなら、その前に出してよね!と腹が立った。

怯えながらビルから出て、自販機で買ったポカリがとてつもなく美味しかったのを今でもよく覚えています。

 

 

 

えっ、体が無事でよかったねって?

ええ!女子高生とはいえ、今より15kg太っていましたからね!*2

という、モロッコ人に池袋で軟禁されてペルシャ絨毯を売りつけられた話でした。みんな軟禁くらいあるよね、って思いながら生きていたけど、意外とないっぽいのかな…。

 

あとは初デートで爆弾のようなおならをしたとか。気になってる人とカラオケデートで寝ゲロしちゃったけど結婚した話をしてらっしゃる方がいて、ああー!私のこれに近いなぁ!って嬉しかった。

ヘソからタネが取れたこともありました。これはもうそのままの内容なので書くまでもないんですけどね。

*1:生放送に絵を送るだけで怯えている人です

*2:それでもまだ太っている

砂糖 塩 各大さじ1

30日

寒かった。

天平の丘公園へ。ステージから離れた場所に車を止めたので、地図を見ながら歩いた。トイレの看板に『あと一歩』と書かれていた。結構敷地が広く、歩く人が多いからかな。

f:id:painful-ira:20190401025918j:image

桜はソメイヨシノが満開。花付きが少なくて少し寂しい。来年はもう少しもっさり咲くといいね。花が少ないと、それはそれで控えめに咲いている部分を愛でられるのですが。

f:id:painful-ira:20190401030615j:image

ご飯がまだだったので、唐揚げとじゃがバターを買って、半分こ。開演前に座っていたのだけれど、ステージ脇にある控えの場所が部分的に磨りガラスになっていて、ベジータさんの肩パッドが透けて見えていたのが個人的に面白ポイントだった。あ、見えてる…いらっしゃる…みたいな感じ。

お客さんの様子をチラッと見ていたの可愛いなーと思った。こういう所に気付いてしまう自分嫌だなーとも。(勿論わざとでなく、位置的に視界に入って気付いた)同伴者がいると、相手が楽しめるかなーとかドキドキソワソワキョロキョロしてしまうのです。

 

楽しくステージを見て、最後サインをプレゼントのコーナー。座席の半券を芸人さんたちが引いたのだけど、時間の都合上、ステージまで行って直に受け取ったりは出来ない、という感じになってしまい。

母が小さい声で、「いいなー」とか「せっかくなら受け取りたいね、ふふっ」と言っていて、そうねぇと頷いていたら

f:id:painful-ira:20190401030011j:image

母が当てました。引き強いな!!!

帰宅してから「サイン写真撮ってー」と言ったら、「はい、じゃあ持って」と持たされました。これがたまにtwitterとかに居る、子供に芸能人のサイン持たせてる親なんだな、と思いながらめんどくさいのでそのまま撮りました。

 

芸人さんたちがステージで飲んでいた10picnic tablesのさくらラテを飲んだ。

初めて行ったけどシャレオツだなー。

f:id:painful-ira:20190401032545j:image

味は見浦さんが仰っていたような濃厚さではなく、ベジータさんが仰っていたようなサッパリした飲みやすさでした。見浦さん…www

 

当日、母は「風邪引いた気がする…頭が痛いー」と言っていたので、「どうする、やめとく?休もうか?」と言ったのだけれど、結局寒い中一緒に来て、少し辛そうだった。

はじまると、私の想像よりめちゃくちゃ笑ってた。やっぱりドラゴンボール知ってるからってのもあるし、存在が面白いんだよなぁそもそも。

帰り際、靴を履く時、面白かったねーと話していたら、そばにいたお偉いさんたちもニコニコしていた。お偉いさんたちも笑ってたもんな。

「具合悪くても、思い切って外出るといいねー。楽しいと忘れるねー」と言っていて、嬉しかった。母は笑いすぎて涙が出ていて、私もたまになるな、親子だなーと思った。

 

 

ついでに、お笑いはしばらくいかないのー?と聞かれたのですが

そもそも、昨年の秋にお笑いバックスで見た時に、少し感じたものがあって、それを確かめるように見に行っていたのです。

今回と、先日の生誕祭で、やっと少しそれが腑に落ちたというか。自分の中で、なるほどなーと問いの答えが出た感じがあった。なので、しばらく劇場はいいかなという。

お客さんも増えているようですし、チケットがとれる、日時に都合がつく、お金も厳しくない、のであれば行くかもしれない、感じ。

ファンともお客とも言えない微妙な立ち位置に感じながら応援している私ですが…好き、に色んな形があるように、人を応援する形は様々だと思っています。

言葉を送る、劇場のチケットを買う、見ながら拍手を送る、ニコ生に課金する、twitterでつぶやいて面白さを他人に広める、ブログに書くことによって劇場に行くのを足踏みしてる人を安心させるなどなど、やり方はたくさんあります。会わなくても応援出来るって、すごい贅沢なことだなー。

 

ブログに関しては、迷惑だけはかけないように*1やりたい事をやっている、っていう側面もあるのですが

正直、お笑いを見に行くって、ハードルが高かったです。今でも全然ドキドキするし。私にとっては映画などと違い、幼い頃から身近にあるわけではなく、自ら足を運んだ事がない場所だったので。芸人さんはテレビで見るものなので、お金を払って見に行くという感覚もなかった。

人が劇場に行った記事などを読んで先に勉強して行きました。アンケートがあるからボールペン持ってくとか、拍手はしっかりとか、同伴者がいても喋らないとか。

不安になりがちなタイプなので、そういう記事を行く前に読めたことは嬉しかった。

どうしようかなー、行きたいけどどんな事やってるのかなーとか、そういう不安がある人が読んでくれるといいなぁと思いつつ書いています。

そんなこんなで書いているブログですが、お笑いはほどほどになるかもです。気まぐれ更新ですがどうぞ宜しくお願いします。

*1:こんな細々とやってるので何も言われないし、関係者の目にも留まっていないはず

チケットに悩む、のまき

チケットを…入手した…。

f:id:painful-ira:20190327030634j:image

つい先日まで、行くかどうか悩んでいたのですが…ローチケやぴあで売り切れたのを見て、あー買おうかな…と初めてe+で買いました。

セブンでバーコードを見せるだけ。楽ですね、手数料も1枚108円で。吉本のチケットはいつもファミマで発券するのですが、300円くらいかかるんじゃなかったかな…。

 

 

先日行ったので、しばしお笑いは…と思っていたのと

栃木に来るという事で、まろにえーる見てる人で、DB芸人さんを見たことのない人が楽しさを知るチャンスだから、今回は私は…と思っていた。

 

CMをやっていて、母が「面白そう〜」と言っていて。そもそもドラゴンボールは母が集めていた漫画なので、もちろん知っている。

ああ、ドラゴンボール知ってる人と一緒に見てみたいな、と思ったのと

あまり母はこういう物を見に行かない人なので、たまには一緒に行きたいなぁと思ったのと

色々最近考えることが多く疲れている様子なので、笑ってほしいなぁと思うのと…。

母が好きなものに私が付き添うのは、いくらでも出来るけれど

自分が見たいだけの気持ちだった場合、母を連れて埼玉や東京に行くというのは、さすがに遠いし断られてしまうし。*1

ここは、交通費もかからず手軽に行ける。ありがたや…。

 

 

そんな感じでギリギリにチケットを取ったのですが、何故か前の方!なんで!!!後ろの方でいいのに。。。そしていつも端っこなんですけど、私は何かに呪われてるのか…?

今も少し咲いてるみたいですが、桜は遅咲きのものが綺麗なのです。それだと4月下旬くらい。その時期はツツジとかも普通に咲いている。

f:id:painful-ira:20190327033649j:image
f:id:painful-ira:20190327033655j:image

チケットをサクッと買う私を見て、そんなに簡単なの???と聞いてきたので

多分行ってみたいものとかは沢山あるんだよなぁ、フィギュアスケートとか…。

私も、学生の頃とかは、気になるけどわからない事は、わからないままにして諦めていた。

母もそんな感じなんだろうから、たまにチェックして、誘ってみようかなぁ。

たくさん笑ってくれるといいなぁ。

 

 

 

*1:犬が家にいるのであまりひとりぼっちにさせたくない