なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

計画の行方

土曜日。

予定通りの電車に乗り、西大宮に着くものの、すごい雨。

傘をさしてスマホで地図を見ながら歩き、水溜りに浸かって靴下までグショグショになったり、車に水をかけられたりしながら歩いてオートバックスへ。

お笑いチケットだけ買うのもアレなので、弟の車の芳香剤をたまたま覚えていたので一緒に買う。

座席が選べたのだけど、前の列は埋まっていて他の席はだいぶ空いていたので、悩んで選ぶ。

 


時間が2時間近くあるので近くのしまむらに…と歩いていたら事件発生。

私の前を歩いていたおじいさんがうずくまる。靴紐でも?と通り過ぎようとしたら違ったようで。

住宅地といえば住宅地なのだけど、人なんて全然歩いていないところなので、話しかける。

どうやら胸が痛くて気持ち悪いと。

昔一度心筋梗塞をしたことがあるとのことで、「それは絶対病院行ったほうがいいです、今すぐ病院行きましょう」と。

私には分からないけど、うずくまる程なのだし、念には念をが大切なはず。

なんとか家の電話番号を聞きとって、家の人が出るまで何回もかけて、、、。

私が付き添うのも違うのかなと思ったのだけど、家の人が来るまで待って、救急車を呼ぶことに。

奥さまがすごく不安そうで…しばし側に。

さすがに人命の問題なのでお笑いライブのことはすっかり忘れていたし、はっと思い出したけど、自分から首を突っ込んだので行けなくても仕方ないとも。結局なんとか間に合った…。

 


お笑いを見る。

笑い過ぎて涙が出て指で擦ったりしてたら、見てる途中でまつ毛が目に入り、メガネを外して取ろうと試みるも上手くいかず…綿棒2本くらいはやっぱり持ち歩かなきゃダメだなぁと反省。

あとそんなに大きな観客席ではなく、私は体が大きいしドジで変に目立ちがちなので(もらった冊子やボールペン落としてわたわたしたりしていた)

端っこの目立たないような所に席を取った方が良いのかもと。次からそうしよう。ライブが終わってからは連絡を取りつつ駅へ。

待ち合わせまで1時間くらいはゆとりがあったので、新宿に着いて、とりあえずセブンイレブンでお金を下ろそうと思って地図を見ながら向かう…が、見当たらない!見つからない!

たまたま見かけたファミマに入ったらATMがゆうちょしかないし。

結局迷子になってるうちに時間が過ぎ、お金を降ろせないまま慌てて電車に乗る。

中野に先に着いたので、待ち合わせと反対側の出口から出て、セブンへ。

お金を下ろして急いで戻って、合流。

たまたま弟が立っていた場所の真横にATMがあり愕然とするというオチでした。失笑されたわ。

 

 


家系ラーメンが食べたくて付き合ってもらった。

基本家族に関心がないので、自分からなんでも話して無理矢理報告。

バイト先での出会いで就職が決まった話を聞き、仰天。親には次に帰った時に話すと。

普通は電話してすぐ話すんですよ!心配かけてるんですからね!

まー私的にはうさんくさい話だし、電話でこの話をして親が安心するとは露とも思わないのだけれど、私的には本人が決めてるんだから信じるしかないし、騙されたとしたらお互い見る目がなかったって事だねーとスルーしておいた。親はそういう距離感で居られないので大変だなぁ。

家族なので勿論嫌な目にあったりはして欲しくないけど、本人が信用しているようだし、もう就活はしたくない*1と言ってるので、嫌なら抑えの会社がなくてもね、とも。

人生どうにでもなるというスタンスは父にそっくりだなぁと思う。

破滅しなけりゃいいけど一番危うい…というか片足突っ込んでるのはこの子かもな。私?私はもう…論外です。。。はふ。というより、田舎に住んでる分甘い誘惑や娯楽が少ないので悪い話も舞い込みにくいってのもあるわなぁ。

 

 


いとこへの誕生日プレゼントをマルイで一緒に見るが、ピンと来ず新宿に移動。

ルミネに入ってるプラザを見てうーんうーんと悩んで居たのだけど、具合が悪くなるくらいの人間の量で弟がバテる。

私は女なのである程度女がいてもまあね…暑いので外に出たら、たまたまパパブブレを見かけて。

「たまには食べ物とかでもいいんじゃない」という言葉が不思議と響いてすんなり買えた。

ラッピングという名の袋詰めをしてくれたのだけれど、帰ってからよく見たら、折り曲げられた部分がずれてシールが貼ってある…ラッピングなんだから普通もう少し丁寧にするでしょうな…。むむむ。

 

 


弟は小田急で帰宅。私は大宮まで。

電車の中でマダム達の会話がずっと耳に入ってきていて、「高校生でスレてるって、家庭環境に問題があるのよねきっと」という言葉が頭をずっと巡っていた。

大人はやっぱりそう思うのかぁ、と。

極力天真爛漫に、公平に振舞っていた高校生の私は間違っていなかったのかな。

ゆっくりルミネを見たかったので、ぽやーっと見ていたのだけれど、その言葉が何となく離れなくて、無性に甘いものが食べたくなりスタバへ…行ったら、席がない!

なんで宇都宮とか大宮とか中途半端な田舎にあるスタバは混むんだろう…。

自分のものを買うお金はないし、ひとりでする贅沢があまり浮かばなくて…なによりお笑いで元気をもらえたので、とりあえず大人しく小山に戻る。

駅に入ってるスタバでコーヒーとシフォンケーキを食べながらブログを書く。

迎えに来てもらうのである程度で切り上げて、21時前には最寄駅についた。

 

 


なんだかすごく精神的なものをたくさん吸い取られて、たくさん与えられた日だった。

笑うのは元気にもつながるけど、エネルギーも使う行為なので体の中が入れ替わるような気がする。

タカトシさんとかナイツさんとかサンドウィッチマンさんとか見たいなー。

 

 


ちなみに、神社には行けなかった…。

ラーメン食べた後でも行けたけど、弟は多分一緒には行ってくれないかなーと思い、なるべく一緒に居たかったのでプレゼント選びを優先した。

17時頃に別れたのだけど、おそらくもうお守り販売の場所とかは閉まってたと思う。

2月に買った水守り、中の水が濁ってるなーとは思って居たのだけれど、気がついたら水がなくなっていたので、なんとなくはやく買い換えたいなと。

隙を見て行かねばなー。

*1:どの程度したのかは分からない

お笑いバックスを見る、のまき

本当に色々あったので、とりあえずお笑いバックスを見た話だけでも。。。

f:id:painful-ira:20180916003004j:image

ベジータさんとヤムチャさんは見たことあるので割愛。

私は必ず、見れるのがかぐや姫(3回連続。それ以外見れたことない)なのだけど、そういう縁なのだろうか…w

ベジータさんは個人的には存在がもう面白くて…まさかのトップバッター登場だったので、その段階で心構えがなくて登場しただけで笑いそうになる。それを一生懸命堪えるの大変だった…。*1

 


昆布さん

噂の美脚。。。シンプルにすごいなー声真似。

よく「怒ってる」って言われがち~という話をしていたけど、生で見て、あーなるほどなーと。

キャラ的に声も和らげられないし目もキッとしてるし、体もどちらかというと幅があるので威圧感もあるんだろうなぁ。間が怖く思われがちになっちゃうのよねぇ…

私も声をかけられにくいタイプ*2なのでなんとなく気持ちがわかる…としみじみ見ていた。

ディナーショーのように歌いながら握手してくれた。笑

前の方の人だけかと思ったら後ろまで来てくれて…!おてて硬かった。

私の隣に居た女の子がすこし拒否っぽく反応していたのをみて、無理に握手するでもなく、マイク通さないようにして小さな声で「こわい?」と聞いて確認していた。やさしいなぁ。

 


ドドリアさんとザーボンさん

漫画ではヤムチャより登場期間が短いしネタ作りにくいだろうなぁと思っていたけど…コンビニ店員に扮する設定はちょっと好きだった。w

しいて言えばアドリブで入れてるような言葉が多いので疲れる。おそらく場に合わせてるのかな?

初見なのでなんとも言えないけど、そう考えると作り込まれているネタってわけじゃなく、盛り上げ上手って事なのかなぁ。

でも前のめり感が一番芸人さんっぽくて、場が乗りやすい感じだったのかみんなよく笑ってた。ベジータさんとか昆布さんの時とは空気がやっぱり違う。

あーかいドドリアみどりのザーボン♪がシンプルに好き…w

 


セルさん

歌ネタだったのか!と初めて知った。

後々いじられてたけど、意外と衣装がちゃっちい。ニコ生は画質が悪いので全然気付かなかった…。

ネタ、正直思い出せない…すぐメモればよかった…でもフランスをフランフと書いていたのは覚えてる…天然の力はすごいよ。計算でも逆にすごいけどw

 

 

 

個人のネタが終わってからは、3対3に分かれてあいうえお作文対決とか、オートバックスに関するクイズコーナー*3とか、サインとよしもとの劇場チケットのセットをかけてのじゃんけん大会など。

相変わらずジャンケンは自分でも引くほど弱かった。。。

5回中4回は1回戦で負けるって、弱すぎるでしょ…w

何度も最後まで残った女性にゲットしてほしかったのだけど、ゲットできてたっけな?

あと子供たち。

 

 

 

唯一ニコ生で、ユーモアチャンネル(大喜利)は有料会員登録していて、まだ3回くらいしか見ていないけど、とにかく藤本さんはペンが早く動き出す。そのまま手をあげるかどうかはまた違うのだけど、ぱっと一番に出すことが多く。

勿論こういう舞台でも同じで、「オートバックスに売ってるものは?」のクイズに「変なバルーン」*4ってイラストで答えていて

あーそこ私も変なのって思ったー!!!そこ見てるだけじゃなくてやっぱちゃんと答えに出すんだなー!すごいなぁって考えていて、ふと

今度は、どこかの舞台に大喜利を見に行こう、と決めたのだった。

誰が一位?の問いに子供達まで「ベジータ」と即答してたのは笑ってもうた…。

セルのキロロ→ベジータのルクプル*5→花花かぶり→aikoは違う、の流れがすごくなんか好きだった…この人たち何してるんだろう可愛いなぁ…とほんわか。

みんなバードさんの司会や笑いにだいぶ助けられてたりしてたなぁ。ほわほわするもんなぁ。

 


テレビでも笑点とかIPPONグランプリとか大喜利はあるけど

舞台で繰り広げられているものを、お金を払って客席で見るって、だいぶ感覚が変わる。

金額に見合うものが出されるのかどうか。

藤本さんは「100円に見合う舞台だっただろう」と言っていて思わず笑ってしまった。w

少なくとも私は交通費2700円の価値は感じたぞよ…。

 

*1:何もしてないのに笑うのはさすがに失礼なので

*2:目がはっきり、背が高く太っているので威圧感があり、声もよく通る声で大きく低め

*3:大喜利

*4:会場にたくさんぶら下がってた見たことないようなバルーンたちw

*5:ギリギリ知ってた…ルクプルを選ぶセンス…w

すささささ

明日の時間設定メモ…

 

8:13発 電車に乗る

8:25発、9:16大宮着

9:37発、西大宮

オートバックスまで20分くらい。

チケットがあれば午前の部を見る。

なければ駅に戻って、東京に向かう。

 

上野から東京メトロ銀座線渋谷行で日本橋

東西線西船橋行で門前仲町へ。1番から出ると早い。

深川不動尊でお参り、お守りを奉納、新しく買う。

 

午後のチケットが手に入れば、西大宮に戻ってお笑いステージをみる。

f:id:painful-ira:20180914225204p:image

いや移動してばっかりだな!!!

下手したら合計6km歩くぞこれだけで!!!

なんとかそれは回避したいから午前に見たい…もしくは午前が無理なら諦める。

 

お昼〜夜のどこかで、時間を合わせて中野に行ってラーメン。時間は、ライブを何時に見るかにかかっている。合わせてもらって申し訳ない…。

総武線とか中央線がはしってるはず。

 

あとは、あーちゃんへの誕生日プレゼントをどこかで買えれば。

時間がだいぶ余りそうだなぁ…どこかに行きたい気もするけど、電車賃以外に特別お金を払ってまで行きたい場所もないなぁ。。。

 

自分の計画がどこまで想像通りに行くのか、楽しみ。

気持ちの出し引き

10日は婦人科検診だった。

初めて県からのハガキで受診したのだけれど、前回かかった時に問診票を貰い、受ける日に持ってくるように言われた。

以前に子宮頚がん検査を受けた時は、超音波検査のついでだったから必要なかったのだろうか…。

書いていて、調べて気づいた。前に子宮頚がんの検査を受けたのは2年前だった。

f:id:painful-ira:20180911211217j:image

「今日仕事に行ってることになってるから、朝から夜まで一緒にいて」とのことで、友人と婦人科へ。

怖くてずーんと気持ちが落ちていたけれど、友人がそばに居たのでマイワールドに入れず、なるべく明るく振る舞った。

ので、ひとりになる内診に入ってやっと怖さが表に出て来て、力んでしまい痛むという…普段からセックスしない私が悪いのだ…とまたずーんと落ち込む。

たった3回しかセックスしたことないんだから当たり前だけどね…。

男性にはどう伝えればこの怖さが伝わるんだろう。

あなた、耳の穴にバナナが入るとして、入れますか?用がなければ入れませんよね?

普段何もしない所を、カーテン越しに器具を入れられて開かれれば痛いんすよね、そういうことです。いやむちゃくちゃかこれは。

そんなこんなを考えつつ、いつもの診察もして、体温を見てもらったり、ここ4年くらいの系統を見てもらったり。

ずっと通っているとそういう風に振り返ってもらえるのがありがたいなぁ。

先生がおじさまなのだけど、好き。穏やかで話しやすい。受付の人が怖いけど、この先生に診て貰いたくて行ってるようなものだな。

 

 

友人はまた一人暮らし再開らしく、洗濯機と電子レンジを見に行く。

その後ランチをしてから雑貨屋さんへ。

姉の退院祝いを買いたくて、スープとかがいいかなぁと思ったのだけれど、良いものがなくて…結局入浴剤に。

f:id:painful-ira:20180911164350j:image

手前の左はガーデニア、右はすずらんベースのフローラルの香り。

奥の左はシロツメクサすずらん、右はラベンダーの入ったハーブの香り。

まさかの、ラッピングの箱がグリーンしかなく…姉好みの香りで選んでしまったので見栄えはこんな感じになってしまった。ま、しかたない。。。

次に姉がうちに来た時、忘れないように渡さなければ。

全部いい香りっぽいので、いつか自分にも買って使いたいのでメモしとく。

 

 

その後ショッピングセンターにいたのだけれど、なんだかずーっと友達の様子が変で。

変だなぁと思ってはいたのだけれど、あまり追及せずにいたら

「あーだめ!やっぱり●●には正直に言わないと!!実は☆☆くんと…!」と暴露を受けて爆笑。

私には全部正直に話さなきゃという謎の強迫観念?があるよう。なんでなのw

多分私が、人の言葉をいちいち疑わないから、騙すことに罪悪感が湧くのだろう…。

それにしても、隠しておけない彼女は、なんというか…素直な子だなぁ。

でも何となく、話の辻褄が合わないときがあったので、暴露を受けて発言の意図などが腑に落ちる。

私が彼女の友達と友達になる事はない*1ので、基本的には蚊帳の外の話なのだけれど、☆☆くんには是非ともお会いしてどんな男か見てみたいものだなぁと思った。

つい体を許してしまい、情で惹かれる彼女が、どんな男に弄ばれてるのか*2とっても気になるけど、まぁ、本当に会う事はないな…。

 

 

どうか変に騙されてぽいとされませんように…

背負うものが多い子なので、これ以上は…ね。

さーねむろう。

 

 

 

*1:私自身も嫌

*2:彼女自身がわかっている

見つめる先の誤差

少し前に、友人が芸人さんに恋をした話をした。

painful-ira.hatenablog.com

 

相談自体を受けたのは1か月以上前の話。

はて何か進展はあったのかなあと思っていた先日、電話が。

無事連絡先を聞けたよう。「ライン聞きなよ」と言った手前、もし失敗したらどうしよう*1とそわそわしていたので、安心。

したはいいものの、彼女は私の思った通りの悩みを抱いて相談をしてきた。

付き合いだしたのだけれど、きちんと告白したほうが良いのかな、とか

芸人さんだし、忙しそうな時は連絡しないほうが良いのかな、とか

悩みが本当に、思春期の女子!という感じで…私は一般人であり、恋愛経験も少ないので、同じくらいの目線でしかアドバイスができないのがなんとももどかしく。

 

過保護かなと思わなくもなかったけれど、ある種の念押しに近い感覚で、確認に近かったかもしれない。

世間や時代の流れによってメディアに求められる人間は変わるし、仕組みは知らないが、きっとどんな世界でも成功するかどうかは努力の量に必ずしも比例するわけではない。成功した人間はすべからく努力しているだろうけど。

だから、彼に人気が出ようが出まいが、金持ちになろうが貧乏で居ようが、私はどうでもいい。

彼女が深く、悪意で傷つけれられたりしなければ、それでいい。

傷がつくのは良くも悪くも経験になる。でも、自分の意識や知恵で回避すべき傷だってある。

だから「とりあえず適当な気持ちで体は許さないように」と伝えた。

相手の気持ちなんて、その場の行動や言葉だけでははかれないのだ。

時間がたっても変わらないとか、そういう所で見極めるのがあまり得意な子ではないので*2とりあえず私が言いたいのはそれだけかなあと話していたら

思ってたより彼女は不安が強かったようで、電話越しに泣き出してしまい…。

 

 

 

私は、電話越しに泣かれるのがあまり得意ではない。

そばにいないと何もできない。宥めることも、どんな言葉がささってしまったのかも、表情が見えないと余計わからない。

この段階で友達に泣きつくあたり、彼女は有名人と付き合うのは向いてないのかもしれない、と一瞬頭をよぎったけれど、すぐ振り払った。

それは私が決めつけることじゃないし、彼女の感覚で、彼女が慣れていくべきものでもある。

 

相手の方は、結婚はしないかな、と言っているようで*3

彼女の中ではそれがしこりのようになっているようだった。

そんなの当たり前に不安になって泣くわな…と納得して、話した。

それはきっと、生きる意味が何にかかっているか、なのだ。

仕事をして生きていく、恋愛に気持ちが向かない、家庭を築くイメージがわかない、そういう人は山のようにいる。娯楽が増えているのだし余計に。

そこに寄り添っていけない場合だってある。

おそらくその場合は、好きとか嫌いとか、付き合う付き合わないとかそういう問題ではなくて。

何年付き合っても、自分の人生において求めるものをより多く一緒に追ってくれる人が別に現れた場合、彼女はその人を選択するのだと思う。

もちろんどちらを選ぶかは彼女が決めることではあるのだけれど、形として、彼は結婚や子供を作ることはないと言い切っているのだから

子供の欲しい彼女は、彼が変わるという可能性に賭けた上で変わるまでの時間を待ってそばにいるか、別の人間に向き合わなければいけないのだ。

だから、今好きなら、今はそばにいればいい。

いずれそこに居られなくなる日か、自分から離れる日が来るかもしれない。

そんなような話をして、きりがないので今度どこかでお茶して話そう、と電話を切った。

 

 

 

未来は自分の思う通りにはならない。いろんな意味で、良くも悪くも必ず想像を越える。

もし彼と彼女がこの先長くずっと一緒にいて、離れる日が来ても

人生、何を見つめて歩いたって、結果はほんの少しの誤差なのだ。

感情に振り回されるのも、理詰めで物事を考えるのも、間違っていなくて、正しくもなく、だからこそ愛おしい。

伏せておいた読みかけの本にはすっかり癖がついてしまって、本を閉じて重しを乗せた。本を読めない代わりに想像した。

海が好きな2人、あんなにあんなにベタベタと彼を愛していた彼女があっさりと彼をフって、別れようとしない彼に浜辺の砂をかける。

もしくは、足だけ水に浸かっている彼に「別の男と結婚する」と彼女が告げても、何も言わず引き留めもせず、そのくせ釈然としない彼の挙動不審を冷めた目で見つめる彼女。

どっちでも面白いや、と少し笑って電気を消した。

*1:どうしようもないことは分かってますとも

*2:私もですけどね…

*3:個人的には、付き合うなら未来がないことを面と向かって発言するなよと思うタイプです…

花1つ

ルナの病気と姉の入院、自分ごとではないのであまり自覚はなかったのだけど、やっぱり私はショックだったようで。

 

時間を見計らって、昼過ぎに自転車で最寄駅へ。

電車で病院の最寄り駅に行き、バスの時間まで姉へのお見舞いの品を見た。

生花や食べ物はダメみたいで、飲み物も摂取できないので、雑誌でも…と本屋を見る。

そもそも姉は雑誌を読まないし、趣味という趣味もないので…本屋をうろついて、結局何も買えず。

 

バスにのって病院へ。ちょうど義理の兄がいた。久しぶりの再会。

二人並んでるところを見て、あー夫婦だなぁとしみじみ。

相性がいいかというと微妙なところもあるのだけれど、でも、もう、家族なのだ。相性うんぬんの問題ではない。揺るぎない。

義兄が飲み物とお菓子を買ってくれて、三人で食べながら色々話す。姉は筆談で。

1時間くらいいたと思う。バスの時間に合わせてバイバイ。

 

駅に戻って、時間を潰すことに。

夜、父と母は姉のお見舞いに行くので、帰りに私を拾って外食に行くと言うので、帰らずに。

またバスにのって商業施設をうろついて、駅に戻り、ドンキでティッシュなど買い物をし…

父と母が来たので車に乗り込むと「やっぱ外食やめ。お弁当買って帰ろう」とな!!!

なんだかその言葉で、張り詰めてた糸がパチンと切れてしまった。

 

 

今日は家を出る前に、パンにハムとチーズを乗せたものしか食べていなくて、外食するからと食事はせず我慢していた。

私は自転車を漕いで家に帰らなければいけないので、空腹のまま…と考えたら…

それだったらお見舞いの後そのまま家に帰ってご飯支度をしたりすれば良かったのだ。

要は、人の言葉に振り回されすぎ。

 

時間をひたすら無駄にして、私は自転車で帰りがてら自分の夕食をスーパーとコンビニで買って、21時すぎに帰宅。

足はヘトヘトボロボロで、買ったはいいものの最早食欲がなくてぐったり。

明日仕事なのに無駄にここまで疲れるのはあんまりだ…と思いながらシャワーを浴びて、今やっと泥のようにベッドに倒れこんだ。

 

 

 

 

生花はダメだけれど、プリザーブドフラワーなら良いということを、私は知っている。

花屋で見た。安くても3000円〜で、良いなと思うのは大体5000円。

1週間の入院で大袈裟かな、と考えていて、ふと頭をよぎった。私は問題をすり替えてるのだ。

大袈裟とか、そんなじゃない。この歳になって、入院した兄妹に5000円の花すらポンと買えない女なのだ。ただひたすら、情けない。それだけの話だ。

今この程度の女である私に、今欲しいと思っているものが手に入るわけがない。

帰り道、スマートフォンから聞こえる小さな声に少しだけ耳を傾けていた。楽しそうな声の傍ら、私は辛くて涙が出そうで、出なくて、自分に憤りを覚えながら、スマートフォンの画面を閉じた。

独り言

今日ルナの抜糸が終わったのだけど、今度は姉が入院することに。

唾液腺に石が詰まってしまい…切って取ったけど、もっと奥にもあるようで、食べる飲む話すが出来ないので入院になりそうとのこと。

母の時もそうだけれど、身内の入院ってお見舞いに何を持っていけばいいか分からず、今から既に悩んでいる…。

飲食が無理だから花とか、暇つぶしになるもの…なんだろう。意外と浮かばないものだなー。

姉はイトコと似ていてちょこまか動くことによってエネルギーやストレスを放出しているタイプなので、入院は厳しいだろう…長くても10日程らしいので、早く済むのを祈るばかり…。

 

 

ルナの次の手術は14日に決まり。

検査結果が手元に来たのだけれど、やはり悪性腫瘍。ガンだった。

犬の乳ガンは早期の去勢で予防できる。

ルナの去勢を反対したのは、ルナのことがあまり好きではなかった昔の私だ。私のせいだという気持ちが重すぎて、毎日謝っている。

いくら今愛していても、好きではなかった過去が消えるわけではない。まざまざと感じた。

今月は祝日が多いので出勤が変則で、日曜日なども働くことになるのでルナが退院してもなかなかそばに居られるかどうか…難しいことが多いけど乗り越えねば。

 

 

帰宅して家事を済ましてDB芸人さんたちが出ていた有吉ゼミを見たのだけど、想像よりVTRが短くてなぜか私がショックを受けたのだった。

まぁDB知らないとだけど…権利関係色々あるかもだけど…えーん。

長時間生放送、まろにえーる、あと中の人*1であるR藤本さんが稲垣早希さんと本音で話す動画とかネットでワイワイしてたので

あーテレビ出まくるのも時間の問題かなーと思っていたのだけど…どうなんだろう。

初めて見た母が爆笑していた。母が大きい声で笑ってるの久しぶりに見た…。

野沢さんの自己紹介で笑い、フリーザ様に「なんじゃこりゃあwなんか気持ち悪い」と言っていた…オカン…素直だなぁ…。

Rさんは売れる気ないと言ってるけど、それは本人が決めることなのだろうか…それとも世間に多くを求められればテレビはたくさんRさんを使うのだろうか。

内情は知らないけど『おいしいお菓子は私だけが食べたい』みたいな感じで『知る人ぞ知る面白い人でいてほしい』みたいなのもある。

本人は生活かかってるし、それは完全なる見る側のエゴ。露出が増えるほどブレてしまいそう(というか揚げ足を取られそう)なのでそれがね…。

個人的にはベジータよりは中の人に売れてほしい…教育番組やってほしい…。

 

はぁー坂上さんもまた「ブスが嫌い」とか言ってほしいし、マツコさんも『マツコの部屋』の時くらい自暴自棄気味にテレビの都合考えすぎずに面白いとか面白くないとかジャッジしてほしいなー。

変わらないことは退化することと同じだから、叶わないんだよなぁそれは。

 

 

変わったと言えばツイッターで、『FF外から失礼します』という文章、ずっとファイナルファンタジーの事かと思ってた。

私自身は使わないのだけど、たまに話題になってるツイートとかを見てると使ってる人がチラホラいるので

『ああ、FFファンじゃないですけどって前置きで断るくらい、FFはまだこんなに人気なんだな、すごいな。』とぽんやり思っていた。いやぽんやりすぎるだろう…。

フォローしてないされてないけど失礼して発言します、って事みたい。

そんな前置きないと発言しちゃだめなの…?

突っ込まれたくない人は鍵をかけるべきでは?

何気ないことをパラパラとつぶやく人って本当に減ってしまったなあ、としょんぼりした。

嫌なこと言われたらブロックでもすればいいと思うし…礼節は大切だけれど、かしこまり過ぎる所でもないのでは、みたいな。

まあ私フォロワー少ないし、フォローも増やさない(自分が全部追える範囲でフォローするようにしている)ので、ちまちまやってる私には分からない世界がどんどん出来て当たり前ではあるのだろうなぁ。

 

 

夜勤に入るのでなるべく夜に起きてる生活リズムに移行してるのだけど、もう眠い…うーんうーん文章書くだけじゃ眠くなる。。。がんばろー。

*1:っていうのか?