なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。 ご連絡はこちら。runarunasan@gmail.com

三が日とかマンガの話とか

元旦朝6時ごろ帰宅。

風呂を追い焚きして入る。体が完全に冷え切っていたようで、42℃の湯に15分浸かってもどこか温まりきらなかった。

11月くらいから体調のリズムを壊してしまい、ショックを受ける事があったので、追い討ちをかけるような事はやめなければ、と実感。

7時半くらいに眠り、13時近くに目覚めた。

弟1がまだリビングのソファで眠っていて、弟2が起きてきたので初詣に誘うが断られる。

弟1が起きて誘っても何だか煮えきらない感じで、正月で、二人共わざわざ帰省してるのに家族で出かけないなんてさーと少し悲しくなる。

結局買い物ついでに弟1と初詣。自分が住んでる場所の神社もお参りはしなきゃね。

おみくじも引いた。神様には色々と筒抜けなのだと感じる。叶わない願いもある。そういう事だ。

 

帰宅したら姉が一人で来ていて、旦那さんはおらず。

兄弟が揃ったのは何年振りだろう。車で来ている姉と、親以外で酒盛り。

北海道から来た蟹やホタテ、マグロ、サーモン、私は朝食べなかったおせちを食べ倒して、お酒は飲み慣れてないので飲みながらポヤーンとしていた。

 

醤油差しの後ろの穴を塞いでも、一滴一滴出ない、と姉が言うので

なにか詰まってるのかなぁ?と私はつまようじを取り出し、穴に刺したりして

さあ直ったかなーと試すものの、醤油がビャーッと出てしまい

あらぁ直んないわねーと言っていたら、私以外の3人が笑い出して、私一人???状態。

もし穴に何か詰まっているのであれば、それはイコール穴を指で押してるのと同じ状態なわけで、醤油は常に一滴一滴出るし

別に何かが詰まってるから醤油が一滴一滴出ないわけではない、ということだと…思う。たぶん。未だ自信ない。

姉はゲラゲラ笑い*1弟1は私に分からせるために丁寧に説明し*2弟2はアホに若干引きつつ笑っていた。

 

あと少し前にブログに書いた、美容師さんたちに爆笑された話をしたら、ここでもお腹かかえて爆笑されたのだった。

「ほんとルルルって、そういうとこあるよねぇ〜!!!」とな。

う、これはやはりその場に居なくても、私の人となりがバレている人には笑われる話なのだな、と認識したのだった。。。

 

で、マンガの話に。

f:id:painful-ira:20190105124043j:image

私「ねえねえ刃牙って読んだことある?」

弟たち「刃牙のどれ?」

私「???」

弟1「刃牙って言っても色々あるから。刃牙道とかグラップラー刃牙とか」

私「どれ読んだの?」

弟1「どれだっけなぁ…まぁでも長いから流し読みみたいな感じで結構読んだよ。」

私「面白かった?」

弟2「カマキリと戦ったりするんだよね」

私「いやどういう状況!?」

弟1「たまに無料で読める時あるから、色々チェックしてるといいよ。どれがオススメとかはないけど…」

カマキリと戦うんだ…なんか…アツいなぁ。

 

私「誰かキングダム読んだ人居ない?」

弟2「俺読んでるよ」

私「えっ!誰が好き?」

弟2「誰が好き…?えー???別にない…」

 

私「なんかみんな漫画の読み方冷めてるーーー!じゃあじゃあ幽遊白書は?面白い?」

弟1「たしか読んだ」

私「弟1の部屋に19巻だけあったけど」

弟2「あ、それ俺だわ」

私「いやなんで最終巻だけ買った?」

姉「旦那さんが幽遊白書すごく好きで、*3アニメもみてたなー。MXでやってたの」

弟1「戸愚呂兄弟とかいたなー」

私「鴉って人とか、番長もいる?」

弟2「あー、いるよ、桑原ね。知ってるじゃん」

姉「鳥のカラスになるんだよね」

私「そうなの!?」

弟1「そこ知らないのww」

私「最近見てる番組で、幽遊白書芸人ってやってて…あれでしょ?鴉って、懐から『爆弾だ…』ってやる人でしょ?」

スッと爆弾を取り出す仕草をしたら、私以外爆笑。

弟1「んなシンプルな…!!!www」

私「え、あ、待って、鴉の真似してる芸人さんの真似だから…!」

弟1「いや分かってるけど…分かってるけどさぁ…www」

とにかく笑われっぱなしで、結局何が間違ってるのか分からなかったので、大人しく幽遊白書を読もう…と決める。

あと姉が最近読んで面白かったのはこれらしい。読んでみよう〜。

f:id:painful-ira:20190105123457j:image

23時くらい?姉が帰ったあたりでお開き。

 

 

2日は従姉妹にせがまれ、弟1と従姉妹と私で宇都宮の二荒山神社へ。

時間制限があったのでゆっくりはしなかったけど、話の種にまたおみくじを引きました。

餃子みくじというおみくじがあって。

私は恋愛成就の餃子チャームが入っていた。

弟1は私たちを自宅に降ろし、そのまま友人の元へ。

夜は弟2と親とジンギスカン。美味しすぎてこまった…。

 

3日は弟2が東京へ帰宅。私は掃除の続きをという事で、洗濯機を隅々まで掃除、洗濯槽のカビとりなど。階段も綺麗に拭き、スッキリ。あとは自分の部屋…だなぁ…ちょこちょこやってはいるけど。

バタバタ騒がしい三が日でした。

*1:私も姉も、お酒を飲んでいなくてもお酒の席では飲んでるみたいに楽しくなっちゃうタイプの人

*2:理屈っぽく優しい

*3:ちなみにDBも好き