なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。 ご連絡はこちら。runarunasan@gmail.com

はじまざ扉絵まとめ、感想、私の話

意外とまだ6回しか送ってないのだなぁ。

お笑いバックスの後。

f:id:painful-ira:20181206012736j:image

ヤジロベーさま推し。あったかいものパクパク食べてほしい。
f:id:painful-ira:20181206012752j:image

ガラスの仮面風にまろにえーるTV復活をお祝い(放送に間に合わず、わざわざスタッフさんがツイッターに載せてくださった…)
f:id:painful-ira:20181206012744j:image

適職診断企画との事でミニキャラ
f:id:painful-ira:20181206012739j:image

ベジータ×アディダスのコラボスニーカーを藤本さんが買ったようだったので、恋人に勝手にはかれたりしたら絶対イラつくだろうなーという発想から。

いや履かないで…って言えるタイプだろうけども。

f:id:painful-ira:20181206012748j:image

先週の変顔を反省して今週はきちんとベジータさん。
f:id:painful-ira:20181206012756j:image

仕事終わってから朝まで描いて、寝て、はっと目が覚めたら14時を過ぎてて慌ててPCに取り込んだ…。

 

ジャンプは『鬼滅の刃』推し。

気付いた人はほぼ居ないだろうけど、衣装は炭治郎、刀の柄と鍔は善逸の物に変更。

炭治郎のはシンプルで、透けてる部分があるので私の画力だと絵がややこしくなる。

桜は5巻の裏表紙から拝借。字のフォントは基本を改変してそれっぽく描いただけ。

 

鬼滅だー、おもしろいよねーとコメント流れてて、ほわほわーって嬉しかったなぁ…。

周りに推してる人がいないというより、そもそも漫画を能動的に読む人がいない。

人に絵を送る、見てもらえるという事なんてなかなかないし、緊張はするものの、大事なことだと思うのです。

藤本さんも炭治郎のことがわりと好きそうだったな〜。

 

 

で、ほんわかしてたらメールが採用されて読まれた。えーーーーー!!

f:id:painful-ira:20181206015642j:image

ものすごく驚いてミカンを落とした…。

皮むく前で良かった…。

ざっくり書くと『M-1をどういう風に見てましたか?』という質問。

見てた人たちの感想でコメント欄が賑わってたので、色んな人の意見が見れて*1嬉しいなぁとまたホワホワ。

 

ベジータさんたちはというと、案外さっぱりした目線で見てるのかなぁという印象。二人共ピン芸人だからっていうのもあるのかな?

『媒体に出てる側』の方達なので余計なことは言う必要がないし。

30代後半って結構もう自分の価値観がガッチリ固まって一旦悟りに入ろうとする人多いけど*2それもあるのかなぁ。

 

 

『メールを読まれるにはどうすればいいのか?』といったメールも読んでいてちょっと面白かった。

メールは藤本さんが選んでいるそう。

でも紙を見ながら、うーん長いのが多いなーと悩んでいたので、選ぶタイミングは不明。

スタッフさんがある程度選んでいると言うと、選ばれない事でスタッフさんにイラつく人も出そうだから…庇ってるともとれる。

遊びじゃないので、話せることと話せないことがある分、恐らく放送前にある程度目を通していて

選んだ中からも、経過時間や空気で話題を選んで読むのかもなぁ。こういう細かいところを知るのが好きだったりもする。

 

短く、話が膨らみそうなものを選ぶそうな。

今回私は、いつも読まれてる人の文章ってこんな感じかなーと思いつつ卒なく書けたなーとは思ったけど

M-1の話は色んな方から送られていただろうし、運が良かったんだなきっと。

オリジナリティを出すと難しいんだろうなぁと思う。

 

 

 

年が変わる前に、少し自分の中で変えたいものがあって、最近考えている事を始動しはじめた。

上手くいくかは分からない。でも、挑戦してみようと。

そういう風に自分の目線が外に切り替わりつつあるのは、藤本さんを知って見始めたおかげで

少しだけ自分の生き方に疑問が持てたのです。

だから、藤本さんには静かに静かに感謝しているのでした。伝えられないけど、何年経っても私が覚えていられるように。

 

とりあえず、失敗しても、怖くても、頑張らなくちゃ。

*1:ツイッターだと評論家が多いし文章が長い。この番組を見てる時点である程度お笑いに詳しい人がいるであろうと踏んでいた

*2:あくまで電話相談室の経験や、配信系の視聴、出会った人間から感じた経験上の話ですが