なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。 ご連絡はこちら。runarunasan@gmail.com

笑われながら、ほわほわする。のまき。

今日は、文章が、とにかく書きたく…。

最近、運が良い気がするのです。

びっくりするほど大きな流れ星が落ちるのをたまたま見たり

スタバでドリンクが当たったり

ガラポン抽選会でディズニーが当たったり*1

なぜか不思議だけど、ほわーっとする。

 

 

 

たまたま、弟が帰ってきていて、一緒にお寿司に。

少し大きい声を出してしまった気がして、反省して

「私、今声大きかったね…」と声を小さくして

反応の悪いタッチパネルを豪快に押していたら

普段は笑わない弟が爆笑。

「なんでそんな笑うの?」

「いや…だって…www静かにしようって言った次の瞬間から行動がうるさいんだもんwww静かにいられないんじゃんwww」

ふとみたら母も笑っていて、あらまーと恥ずかしくなった。

 

 

 

先日美容院に行ったら

上着やカバンを預かってくださったのは、記憶にないお姉さんで

すこしにやにやーっとしていて、良いことでもあったのかな?と思ったのだけれど

気にせず、指名してる人に髪を切って染めてもらい…なんやかんやで、2時間半くらい美容院にいた。

で、帰り際、上着を着せてもらい

にやにやしてたお姉さんが、カバンを持ってきてくださったのだけど

またにやにやーっとしていて、?という顔をしたら

指名してるお姉さんが、「いつもルルルさんのこと、面白いーって言ってるんですよ〜」と。

「ひゃー、話を!」

「あっ、盗み聞きとかじゃないですよ」

「いや、私、声おっきいもんで…!」

ペコペコする。

「面白いっていわれません?」

「えっ!あー………様子がおかしいとはいわれます〜」

その場にいたお姉さんたち爆笑。

ひゃー笑われてるーと恥ずかしくなる。

で、お会計をしていて…

ネット予約をしていて、溜まってるポイントが使われてたようで

あまり変に操作しないので、ポイントが溜まってることも、使われてることにもビックリして

「あっ、勝手に使われてるんですね〜」

「勝手にwww」

ポイントのシステムなども教えてくれて、納得。

指名料が毎回かかるのだけれど、それがタダになるくらいの感じで。

「またネット予約すればきっとポイントが貯まるんですね」

「そうですね〜、そしてたぶん勝手に使われると思いますwww」

よっぽどツボだったのか、お姉さんは私がペコペコと帰ってく姿も笑いながら見送ってくれた。

 

 

 

先週久し振りにはじまざに扉絵を送って

f:id:painful-ira:20181126060538j:image

適職診断をするとの事だったので

フリーザさんはお掃除の仕事もしてるので、それ

クリリンさんは婚活の運営をしているので、司会姿

ザーボンさんはヘヴィメタ好き。芸人じゃなくなったとしても、好きなことに関わって生きててほしいなぁと変わらず。

ベジータさんは誰からみても恐らく研究者気質…。

ラディッツさんは寿司屋の大将になってお昆布しててほしいって感じ。

ベジータさんは研究者さん。ラディッツさんはお寿司屋さん。に、なってほしいゴワスー』とさらーっと書いたのだけど

藤本さんに「突然のゴワス…」とツッコミを入れられて

「あ!そっか!ゴワスって、そんな、みんな、いわないか!」と部屋で一人でつぶやく。なんの意識もなくゴワスと書いてしまった…。

「関取の方?」とも。まあ関取級ではあるから…合ってる…バーフミさんすごい。

ラディッツさんのお寿司屋さんを見て、「死んでね…?」とツッコミを入れられて

あ!和帽子を忘れた!と気づく。

帽子かぶってないとたしかに死人…!と自分の絵に笑ったのだった。

こんななんの変哲も無い絵を、面白くしてくれるの嬉しいなー。

時間がもったいないから扉絵送るなって人も居るようなので、迷うことが多いのだけど、、、ステッカー欲しいからなぁ。

 

 

 

最近落ちついた友人にそのまま会いに行って、ご飯を食べている時、大晦日の話に。

「あ、当たったら行くーって言ってたお笑いライブ当たったのー」

報告したら、にやにやする友人。

?と思いつつ、別の話をしていて。

彼女は、興味がある話とない話への態度がかなり分かりやすい子で、ほかの友達の話がつまらなくて聞いてられない、と言っていて

「私も話おもしろくないから、自信ないわ〜」

「ルルルは大丈夫だよ、おもしろいよ」

「どこが???なんか今日話した?」

「大晦日とかさぁ」

「???」

「面白いじゃん、人がゲームする姿をじーっと見てるだけでしょ?いないもん周りにwww」

言いながら、彼女が笑うので

魅力を伝えねば…!とええ感じやで〜のくだりの話をする。

「…でさぁ、なんか、みんなで、ええ感じやなぁ〜って思いながらゲームを見守って年越したいんだよねぇ。

しかも、チケット発券してみたら、前過ぎず後ろ過ぎず、右過ぎず左過ぎずメッチャええ感じだったの〜!」

にやにや笑う彼女。納得がいってないんだなぁ〜と感じる。

perfumeの年越しライブと迷ったけどさ…」

「あー」

「なんでそっちは、あー、なのー???」

「それはなんか分かるけどーと思ってw」

えーっ?と思い、一瞬考えて

「あっ、大晦日なのにわざわざなぜそれを選ぶ!?ってこと?」

「そうだよwwwwwもーほんと分からんわwwww女ひとりでさぁ、大晦日にわざわざさぁwwwいないよそんな子w」

とにかく彼女が笑うので、なんだかほわーっとした。

あと、私の変な癖が発覚して、2人で爆笑。

これ直さないと本当にお嫁にいけない…。

笑い事ではないんだけど、癖って意識しだすと可笑しくて仕方なくて。

お互いの癖を、お腹抱えながら笑っていたら閉店時間になってしまった。

 

 

 

元から、素直な方で…好きな人に構われれば、すぐ嬉しくなってでれーんとなるし

人に褒められても、わざわざ疑わず受け入れるタイプだし

笑われて、何を笑われてるのか分からなくても

相手が笑ってくれてるのが嬉しくて、自分も笑っちゃうのだけど

相手が笑ってる理由がわかると、やっぱり、ほわーんとするなぁ。。。

*1:嬉しかったけど最近結婚した知り合いにあげました