なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。 ご連絡はこちら。runarunasan@gmail.com

計画の行方

土曜日。

予定通りの電車に乗り、西大宮に着くものの、すごい雨。

傘をさしてスマホで地図を見ながら歩き、水溜りに浸かって靴下までグショグショになったり、車に水をかけられたりしながら歩いてオートバックスへ。

お笑いチケットだけ買うのもアレなので、弟の車の芳香剤をたまたま覚えていたので一緒に買う。

座席が選べたのだけど、前の列は埋まっていて他の席はだいぶ空いていたので、悩んで選ぶ。

 


時間が2時間近くあるので近くのしまむらに…と歩いていたら事件発生。

私の前を歩いていたおじいさんがうずくまる。靴紐でも?と通り過ぎようとしたら違ったようで。

住宅地といえば住宅地なのだけど、人なんて全然歩いていないところなので、話しかける。

どうやら胸が痛くて気持ち悪いと。

昔一度心筋梗塞をしたことがあるとのことで、「それは絶対病院行ったほうがいいです、今すぐ病院行きましょう」と。

私には分からないけど、うずくまる程なのだし、念には念をが大切なはず。

なんとか家の電話番号を聞きとって、家の人が出るまで何回もかけて、、、。

私が付き添うのも違うのかなと思ったのだけど、家の人が来るまで待って、救急車を呼ぶことに。

奥さまがすごく不安そうで…しばし側に。

さすがに人命の問題なのでお笑いライブのことはすっかり忘れていたし、はっと思い出したけど、自分から首を突っ込んだので行けなくても仕方ないとも。結局なんとか間に合った…。

 


お笑いを見る。

笑い過ぎて涙が出て指で擦ったりしてたら、見てる途中でまつ毛が目に入り、メガネを外して取ろうと試みるも上手くいかず…綿棒2本くらいはやっぱり持ち歩かなきゃダメだなぁと反省。

あとそんなに大きな観客席ではなく、私は体が大きいしドジで変に目立ちがちなので(もらった冊子やボールペン落としてわたわたしたりしていた)

端っこの目立たないような所に席を取った方が良いのかもと。次からそうしよう。ライブが終わってからは連絡を取りつつ駅へ。

待ち合わせまで1時間くらいはゆとりがあったので、新宿に着いて、とりあえずセブンイレブンでお金を下ろそうと思って地図を見ながら向かう…が、見当たらない!見つからない!

たまたま見かけたファミマに入ったらATMがゆうちょしかないし。

結局迷子になってるうちに時間が過ぎ、お金を降ろせないまま慌てて電車に乗る。

中野に先に着いたので、待ち合わせと反対側の出口から出て、セブンへ。

お金を下ろして急いで戻って、合流。

たまたま弟が立っていた場所の真横にATMがあり愕然とするというオチでした。失笑されたわ。

 

 


家系ラーメンが食べたくて付き合ってもらった。

基本家族に関心がないので、自分からなんでも話して無理矢理報告。

バイト先での出会いで就職が決まった話を聞き、仰天。親には次に帰った時に話すと。

普通は電話してすぐ話すんですよ!心配かけてるんですからね!

まー私的にはうさんくさい話だし、電話でこの話をして親が安心するとは露とも思わないのだけれど、私的には本人が決めてるんだから信じるしかないし、騙されたとしたらお互い見る目がなかったって事だねーとスルーしておいた。親はそういう距離感で居られないので大変だなぁ。

家族なので勿論嫌な目にあったりはして欲しくないけど、本人が信用しているようだし、もう就活はしたくない*1と言ってるので、嫌なら抑えの会社がなくてもね、とも。

人生どうにでもなるというスタンスは父にそっくりだなぁと思う。

破滅しなけりゃいいけど一番危うい…というか片足突っ込んでるのはこの子かもな。私?私はもう…論外です。。。はふ。というより、田舎に住んでる分甘い誘惑や娯楽が少ないので悪い話も舞い込みにくいってのもあるわなぁ。

 

 


いとこへの誕生日プレゼントをマルイで一緒に見るが、ピンと来ず新宿に移動。

ルミネに入ってるプラザを見てうーんうーんと悩んで居たのだけど、具合が悪くなるくらいの人間の量で弟がバテる。

私は女なのである程度女がいてもまあね…暑いので外に出たら、たまたまパパブブレを見かけて。

「たまには食べ物とかでもいいんじゃない」という言葉が不思議と響いてすんなり買えた。

ラッピングという名の袋詰めをしてくれたのだけれど、帰ってからよく見たら、折り曲げられた部分がずれてシールが貼ってある…ラッピングなんだから普通もう少し丁寧にするでしょうな…。むむむ。

 

 


弟は小田急で帰宅。私は大宮まで。

電車の中でマダム達の会話がずっと耳に入ってきていて、「高校生でスレてるって、家庭環境に問題があるのよねきっと」という言葉が頭をずっと巡っていた。

大人はやっぱりそう思うのかぁ、と。

極力天真爛漫に、公平に振舞っていた高校生の私は間違っていなかったのかな。

ゆっくりルミネを見たかったので、ぽやーっと見ていたのだけれど、その言葉が何となく離れなくて、無性に甘いものが食べたくなりスタバへ…行ったら、席がない!

なんで宇都宮とか大宮とか中途半端な田舎にあるスタバは混むんだろう…。

自分のものを買うお金はないし、ひとりでする贅沢があまり浮かばなくて…なによりお笑いで元気をもらえたので、とりあえず大人しく小山に戻る。

駅に入ってるスタバでコーヒーとシフォンケーキを食べながらブログを書く。

迎えに来てもらうのである程度で切り上げて、21時前には最寄駅についた。

 

 


なんだかすごく精神的なものをたくさん吸い取られて、たくさん与えられた日だった。

笑うのは元気にもつながるけど、エネルギーも使う行為なので体の中が入れ替わるような気がする。

タカトシさんとかナイツさんとかサンドウィッチマンさんとか見たいなー。

 

 


ちなみに、神社には行けなかった…。

ラーメン食べた後でも行けたけど、弟は多分一緒には行ってくれないかなーと思い、なるべく一緒に居たかったのでプレゼント選びを優先した。

17時頃に別れたのだけど、おそらくもうお守り販売の場所とかは閉まってたと思う。

2月に買った水守り、中の水が濁ってるなーとは思って居たのだけれど、気がついたら水がなくなっていたので、なんとなくはやく買い換えたいなと。

隙を見て行かねばなー。

*1:どの程度したのかは分からない