なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

10年

わたしは10年なにをしていたんだろう。

どんなに好きでも、どんなに憎くても、伝わらないものは伝わらない。

伝わったとしても、なにかが返ってくることは少なくて

返ってきたものが自分の望むものである確率なんて限りなく0に近くて

好きな人を好きで居続けることは難しく

知らない人が知っている人になって、私に触れて通り過ぎていく。

頭を撫でてくれる人もいれば、ナイフでズタズタにしてくる人もいるし

触れるか触れないかお互いじれったくなる時もあり、気づかないうちに打ち解けている時もある。

 

こないだなにかのはずみで、ヒカキンの結婚観を聞いた時に

それはなんか違うんじゃないかな、と思うような言葉を言っていて

この人は晩婚か、独身が合ってるのかも、と思ったのを思い出した。

どんな言葉でそう思ったのか忘れたんだけど。

その時思ったのは、私は結婚においては、もちろんパートナーがどんな人なのかも重要だと思うのだけれど

周りの子たち(ほぼ既婚者)とか、ネットで繋がってる人、あと親戚とかも含めて、見ていて毎回すごく思うのは

結婚する時にどんな人を選ぶのかが重要というよりは、この人とだから結婚したい、と思うその事が大切で

人はどんな環境にいても必ず変わるもので

心も体も、ずっと同じままではいられないから

この人とだったら影響し合っても平気だ、とか、この人と同じベクトルの方へ変わっていきたい、とか

そういう変化に対応していく力とか、変化に甘えたり、言い訳にしない覚悟が結婚には大切なんだなと、頻繁に思う。

言葉に書くとあっさりしているけれど

これってものすごいものだと私は思う。

 

私は

たぶん家庭を持つことに向いている方で

それは自分でも分かっているのだけど

それ以前に結婚…ていうか、恋人作りですよねって

最近すごく思うのだった。