なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

はてなブログって

むずかしい…なぁ。

ツイッターのつぶやきを引用したかったのだけれど、スマホ版では無理っぽい。

 

最近ぴちぴちの大学生の女の子と話していて

こんな文章を私が送ったのだけれど

f:id:painful-ira:20170902041133j:image

f:id:painful-ira:20170902042534j:image

f:id:painful-ira:20170902041149j:image

f:id:painful-ira:20170902041153j:image

ちょっと端折りもあったのだけどこんな言葉。

これは、相手に伝える(自分の人生における経験をなるべく他の人に役立ててもらうべく送る言葉)だけじゃなくて、なんか私の経験と自分に残っている感情とが、第三者になるべく簡潔に伝えたい気持ちを通したが故に上手く言葉にできていた気がして。

自分の言葉って自分のものでしかなくて、いつ読んでも退屈で、他の人の文章ってとても大人っぽく感じたり、若いのに立派だなぁと感じたり(まともに書いてない時点でmesigakuitaiさんとかスターくださってて、ひーすいませんっておもったのだけど、彼のブログもたまにひょっこり見にいっては、頭が良い人ってすごいなぁ若さが溢れてて良いなーとか思うのです)

そういうことはよくある事だけれど、自分の言葉に納得することってまあないので、さすがに中2からブログをあちこちで書いてきた身としてはちょっと嬉しかったです、という話でした。終わりです。