なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

健康はトンネルの中

ここ5年くらい私はずっとトンネルの中にいるような気持ちで生活している。

感動する事がなくなり、体調が常にすぐれなく、誰からも必要とされていない。

どこへ行っても何をしてても、「気持ちが晴れる」ということがなくなってしまった。

一人で遠出しようが、美味しいものを食べようが、気持ちが良い方に揺れ動くということがゼロに等しくて

精神科にでも行ってみようかと何度も思ったけれど、病名がつくとそれに囚われてしまいそうで、なによりそれが怖くて行っていない。

あんなに鈍感で能天気だった自分が信じられないくらい、神経質で変に潔癖になってしまったのを、私自身が一番感じ取っている。

 

 

ここ数年は祖父が入退院を繰り返したり、その体が悪い祖父をおばさんに会わせるため北海道に付き添ったりした。

あと何年生きられるかわからない祖父母に会いに、借金をして今年は父と母が北海道へ帰郷した。犬がいるので私は4日間家にこもり留守番を頼まれた。

ただでさえホルモンバランスが悪く気持ちに波があるのに、話す人がいない状況に置かれたからか、ストレスで蕁麻疹がすごく、ほとんど眠れなかった。

犬と二人きりなので、犬は私について回り、犬アレルギーの私は鼻水が止まらず。

最終日には作り物みたいに赤い白目を初めて自分の体で体感して血の気が引いた。

眼科に行くとアレルギー性結膜炎だそうで、目薬を一生懸命さす。

水が怖く、目薬やらコンタクトやらは生理的に無理!なタイプなので、さすだけでストレスに感じながら過ごす。

 

少ない給料で(本当に、スマホ代と借金返すのでやっとこ…スマホは仕事に必要なので手放せず。。。正直スマホいらない…)やっとこ歯医者にも通い出せて、4回通って、治ったのがまだ2本。これ、何年かかるんだろう…と絶望気味。

親知らずが4本真横に生えているので、本当は早く大学病院で手術するべきなのだけれど、そんな余裕はないのでとりあえず虫歯だけでも治したい。

虫歯治療を始めてから、麻酔の影響なのかあちこちの歯が痛み始めて、化膿止め、痛み止めを服用開始。

 

結局生理は来ず、またホルモン療法が始まり、毎日の漢方薬(これは通年、1日3回、もう何年も飲んでいる)プラス就寝前にホルモン剤を飲んで生理を起こすことに。

ついこの間採血したのに、また採血してホルモン量を見ることに。

無駄な検査はしない先生なので、なにかを感じ取ったのかもと思うと恐ろしく怖い。

 

体が良い方向に向かっているとは思えない。

でも、どうすれば元気になれるのか、私にはもう分からない。

病気でたくさんの薬を飲んでいる人もいるし

辛い思いをしている人はたくさんいるから

この程度でめげるのも嫌なんだけど

理由がわからない体調不良も相まって

最近めっきり生きる意欲がなくなっている。

 

水族館にでもいけば、多少ましになるかなと思ったけど

そういうわけにもいかなかったようで

余計な考えだけがうじゃうじゃわいてきて

誰かの助けが欲しいわけでもなく

なにがしたいのかどうなりたいのか、よくわからない。

お金にも常に困っているからか、もう考えることがしんどくて

鼻をかみすぎて痛くなった頭でぼうっと文章を書いている。‪

 

生まれて初めて靴ずれをした。

一生懸命歩いていて、ふと痛みに気づいて足を見たら、皮がむけ肉が出て血が滲んでいた。

どうすれば良いかわからず、足を引きずりながら帰って、水で血を流して絆創膏を貼った。

靴ずれって、痛いんだなと初めて知った。

でも、歩かなくちゃいけない。痛くなくても痛くても、それは同じことで。

今でも少し痛いので、靴ずれって、簡単に治るものではないのだな、と初めて知った。

このまま痕が残るのは分かっているけれど、そんなことはどうでもよくて

私は私が元気になれれば、もう、なんだっていい。

自分が元気になれるなら、北朝鮮からミサイルが飛んでこようが、自分がよく行く商業施設に通り魔が出ようが

もう、なんだって、どうでもいい。

疲れてしまった。