なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

「あやの言うこといつも信じてくれない」

いとこと原宿へ行くことにしていた。

いつからだったか、ずっと行きたいと言っていて、夏休みだしなぁと思っていたので、私と姉とで連れて行こうかと話していた。

いとこは小学4年生。

YouTubeなんかをもう見ているし、そこに同い年くらいの可愛い子たちがいて、その子たちが可愛い雑貨屋で買い物をしていれば、そりゃあ同じ場所で同じように買い物をしたくはなる。

ASOKOとか、トッティキャンディファクトリーとか、そこらへんに行きたいなという話を聞いていた。

3人の予定が合う日が23日だったので、その日が近づいてきた昨日、いとこのお母さんに話をしに行った。

「本当にいくなら普通向こうから何か言ってくるでしょ?ってお母さんが言ってた」といとこが言うので

まあそうだなぁと思い話しにいくと、結論から書けばダメだった。

 

落ち着きがなく、人の話をきちんと聞かないから

もう少し落ち着いて行動出来ないと、危なくて東京には連れて行けないよ、という話で。

いとこは、無理だとすぐ察して、「あやの言うこといつも信じてくれない」と言い残して自分の部屋に行ってしまって

そのまま私とお母さんで話していた。

いとこの友達でも、せいぜい小学5年生くらいになってから親と原宿に行ったし

考えてみれば私もはじめての東京は小学5年生だった記憶があり、その時は友達のお父さんと一緒だった。

保護者、という感じの人がいなきゃね、というのと

なにより、お母さんは東京で働いてひとりで住んでいた人なので、いかに危ないことが多いかわかっている。それは私もおなじで。

大人だから、私とお母さんには分かること。

いとこを信じているとか、いないとか、そういう話ではなくて、その他の人間を信じていないだけで、正しく疑っているだけだということ。

ちょっと困っている風な人に声をかけられたら、彼女はついて行ってしまうかもしれないし

少しひとりでうろついただけで、ヒュッと連れていかれてしまうかもしれない。

大人には分かるけど、子供にはわからない。

 

今日も悲しんだりお母さんに怒ったりしていたら

そういう話をそれとなくしてみようかなと思って

罪滅ぼしにフルーツのパイの材料を買ってきて、一緒に作った。

f:id:painful-ira:20170817022910j:image

昨日の話は特に触れずにさそって、一緒に作ったけど

当の本人は特に悲しそうでもなく、怒ってる様子でもなく…

うーん、どうしたものか。これでいいのかなぁ、という感じ。