なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

乾燥が好き。

私はしっとりしているものよりさっぱりしているものが好き。

しっとりしたクッキーよりさっくりしたクッキーが好きだし

湿度のある秋の風より乾いた冬の風が好きだし

何もしなくていいなら洗顔の後に何も塗らずに寝る。

極め付けは、しっとりしたボディーソープが嫌で。

乾燥肌のくせに、ボディークリームを塗るのも嫌で嫌で、たまに毛の処理の後に何も塗らず

翌日に乾燥のあまりふくらはぎが痒くなり苛立つ。

大層、わがまま。

いや、そんな事ない、苛立ってるのは私で、他人に迷惑はかけていないのだから。

 

普通の石鹸が良い、と気づいた私。 

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個

 

 

たまに石鹸を使うのが煩わしくなってしまい、何かいいものはないかなと思っていた。

その話を先日姉にしていたら

「ミルキィってやつなかった?たしか石鹸から出来ててキュッとしたような」と教えてくれた。

ミルキィボディソープ もぎたてゆずの香り 詰替用 400mL

ミルキィボディソープ もぎたてゆずの香り 詰替用 400mL

 

 早速買ってきて、詰め替えボトルに突っ込み使ってみると

 

ああああ、すごく。。。。いい。

 

泡立ちばっちり、洗い上がりさっぱり。

必要以上に皮脂を奪ってしまっているのかどうか、は、私ごときではわからない。

よって、我輩はこれで十分なのであーる。

 

前はしとしとも嫌ではなかったんだけどなあ。

大人になり、思考もグッチャグチャになることが増え、落ちない贅肉にイラつく事が増え、体調も乱れる事がほとんどとなった今

これ以上余計なものはまといたくないというのが、本音というか、感覚に近いのだと思う。