読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも良しとしとくれよ。

そういうことです。

くつをえらぶのは難しい

‪私は靴をあまり買わない。

女の割に、かなり少ないと思う。

パンプスやサンダル、ミュールなどをすんなり買えないのは、頻繁にサイズが変わるから、というのがある。かなり微妙なところ。

25〜25.5〜26あたりを行き来する。

幅に合わせると25.5か26を選ぶことになるが、少し痩せるとすぐそれが許容範囲外に大きくなってしまう。

そもそもの素足が25〜25.5なので。

足の形も少し難があり、甲幅がかなり広く、古い記憶なので定かではないが9.2とかあった気がする。

一般的にはおそらく7.6〜8.2くらいだと思う。

数値で丸わかりだけど、先の詰まった靴ははけることの方が少ない。

オープントゥやらポインテッドパンプスなんていつはけるんだろう。

オックスフォードシューズすら、はけないことが多い。

そしてかかとが薄い。意味はわからないが、靴屋さんの店員さんに、「甲が広くて高い、かかとも薄めなので、くつを選ぶのが難しいですね」と。

 

スニーカーならはいるかな、と思ったこともあった。

ナイキのインターナショナリストに、かわいい配色のものを見つけて、ルンルン気分でお店に行き、「すいません、この配色はレディースで、25までしかありません」と謝られ、何とかしてはいてみるものの、とても歩けない締め付け感だった時の悲しさ。

ニューバランスでも、レディースは入らない。メンズの棚を見ても、いかつい感じの黒、白、赤、蛍光イエロー、蛍光グリーン、インディゴブルーなんかが並んでいて、この色たちを可愛らしく着こなせるセンスは私にはない、と悲しくなる。

仕事用に買ったのは黒とグレーの無難な色だった。安いわけではないから、定期的に洗って大切にはいてはいるものの、かわいいなと思えたことはまだ一度もない。

 

私はこういう風に生きていくのかなと、昔からよく思う。足が大きいのは痩せていた昔から変わらないから。

一般的な子には手に入るものが、手に入らない。

選べるはずのものが、選択肢に入らない。

こんな些細なことが、私の人生の端々と重なってしまう。

みんな何かしらがそうであるという事、選べることが贅沢だという事すら忘れることが多い。

なんだっていいし、誰だっていいはずなのに、それじゃ嫌だ、それじゃ駄目だと思うのは、私の勝手なだけだと、最近、すごく、思う。

ロマンスがありあまる

寂しさのあまり乙女ゲームをはじめてみた。

人生初の乙女ゲーム…CMなどは見たことはあったけど、その頃私はスマホではなかったし。

とりあえず一番最初に目に付いたものから始める。

 

スイートルームの眠り姫

f:id:painful-ira:20170402231149p:image

助けたおじいさんが会社の社長で、次期社長を狙う悪役の専務から会社を守るために、偽の娘として振舞うことになったヒロイン。

後継者候補の8人から迫られ、その中から1人を選んで恋愛になっていく感じ。

とりあえず選択肢の一番上にいた秋月亮を選んだのだけど、イケメンで俺様でまことに好みでした。

f:id:painful-ira:20170402231456p:image

で、基本毎日無料で5回ストーリーが読める。これはどの乙女ゲームも大抵共通っぽい。

アバターがあったり、たまにミッションなどをクリアしないと先に進めなかったりも。

でもこのスイート眠り姫は一番やってるかも。秋月さんがとにかく好きなのだ。。。

 

でも、ゆうても一日5回しか読めないので、他にもいくつかを並行してやることに。

 

イケメン王宮

f:id:painful-ira:20170402233427p:image 

これはスイート眠り姫と同じ会社が作ってるようでオススメに入ってきたので。

10人の中から選ぶのだけど、多分私が選んだ人は最初からいなかったっぽい…

旅行で訪れた国でお姫様になってしまい、公務をこなしながら王子様を選ばなくてはいけない話。。。

f:id:painful-ira:20170402234512p:image

他国の大公のレイヴィスを選択。

ちょっとマイナー…というか、初期にいなかった時点でマイナーか。。。

普通に、自分がお姫様をしている国の王子様候補の人とか、自分を守る騎士とか、執事とかも、候補にはいるんだけど

選択画面で一番厳しめの言葉を発していたのが彼だったので、なかなか心開かないのかな〜と思い。

 

もちろんゲームなので、変な人ばかりだけど

私はちょろい女なので、甘いセリフにヒーハー言いながら悶え、仕事から帰ったらゲームができる…と言い聞かせて働いている。。。

当たり前なんだけど、現実の私に害がないので、人と付き合うより100億倍気が楽で楽しい…それがゲームなんだよな。。。

私は普段ツムツムくらいしかやらないので、素直に癒されることとします。。。

 

東京を散策する

日曜日

電車に乗って、東京へ。

新宿で降りるはずが、電車がとまらず…東京駅で降りる。

中央線に乗り換えて、新宿で落ち合って、スープストックでごはん。

木曜日に友達と草間彌生展にきた時、スープストックでごはんを食べて帰ったので、久しぶりの感じはなかったんだけど

連れが食べたことがなかった、というのと、長時間待たされたくない、食事に時間をかけるつもりがなかったので、決めていた。

 

新宿中央公園まで歩く。

芝生広場まで行ったんだけど、思いのほか芝生が剥げていて

人も多くて、座るのもなーと言って、手すりに二人で寄りかかり小一時間話す。

ぼーっと、散歩されている犬を見て、あの犬なんて犬だろうね、とか

あのおっさんテカってるなぁ〜、とか

何気ない話をして、その合間にちょこちょこと大事な話をしたんだけど

「平和だなぁ〜」という言葉が漏れたのが、一番嬉しかったかもしれない。

会ったら、泣いたり、ぶっ叩いたり、しそうだなと思ったけど、実際そんなことはせず

叱ることも出来なかった。

小田急線に乗り換えて、最寄り駅まで。

電車で前に座っていた男が、私を不審がっていた。

まぁ、、、なぜ私みたいなモサい女が、年下にみえる男と一緒に…?とは思うよな。

スーパーで買い物をしてから別れて、私は新宿にとんぼ返り。

 

16時に、友達が新宿に到着して、とりあえず軽食をとろうか、とパニーニを食べる。

ルミネやミロードを散策して。

途中具合が悪くなってしまって、しばらく座ったりしていた。

可愛いものや素敵なものはたくさんあるけど、このうちのどれくらいのものが私に必要なのかというと、実際、どれも必要ではない、と思った。

 

頃合いをみて、晩御飯を。

焼き鳥が食べたくて、でも、あまり駅から遠いと移動が大変だし道にも迷うので(地元の終電がはやいので、あまり時間もない)駅から近いお店を探しておいて、そこへ。

が、、、道に迷う。

マップを見て歩いてるんだけど、マップって結構ざっくりなので、駅のそばとなると細い道とかは駅の中に取り込まれているし、そもそも方向音痴で。

ミロードからモザイク通りを抜けて西口から歌舞伎町へ。

「番番」で焼き鳥を食べる。安さに驚いた。学生はいいかもしれないけど、学生がひょっこりくるようなお店でもない感じで。

私は体調が悪いのでお酒は飲まず。友達がとにかく飲む。

酔っ払いの相手をしながら地元に戻り、ごねられて、また別のお店へ。

そこはバーなので、最初1杯だけお酒を飲んで、他はソフトドリンクで。。。

ちょこちょこ食べ物も食べて、その後、お店が閉まるのを待って、オーナーに送っていってもらい、ついたのは4時近かったので、友達のお家に泊まった。。。ふう。。。

こんどは、一人でだらっと焼き鳥食べながら飲みたいなー。。。

でも、寂しそうに見られたり、話しかけられたり、するんだろうな。

ついでの話。

帰宅した日は、姉と弟がそれぞれ実家に帰ってきたのだけれど

姉伝いに、義兄が「るなちゃん、雪だけど大丈夫カナー」と心配してたことを聞き

次の日に会った友達にも、同じように「雪だし心配してたー」と言われた。

心配してくれる人がいるんだな。。。と、ちょっと、驚いたというか。

お友達にアイシャドウ渡したら

「え!!??買ってきてくれたの!!??」ってめっちゃびっくりしていて。

ディオールのショウモノ、インフィニティを欲しがってた時に

ヴィセアヴァンの話を私がしてから、ずっと探してたみたい。

見た目の色がほぼ発色しない多色ラメだったら、多分ショウモノとそんな変わりないし

彼女にも似合うはずなので、どうしてもタッチアップしてから買いたかったのでした。

「自分のは買わなかったの?」と聞かれ、そういえば、とおもったけど

うーん、私の顔に多色ラメ…デーハーになりそう。。。笑

ちなみに似てると話題だったのは、フューチャリズムってものなのだけど

色がほぼ乗らないので個人的にはインフィニティに近い気がするな~。

鶯さんにスキンケアやメイクしてもらった旨を話したら

「いいなーいいなーうちも触ってほしい~!」と楽しそうで

「るなるながいない間ずっとドリカムの大阪ラヴァー流れてたよ~!私も食い倒れたい~!」と騒いでいて

私はいつも、彼女との遠出を断ってしまうので、なんだかすごく悪い気がして

何気なく「ディズニー行きたいな~」とつぶやいてた彼女に「行こうか」と返事をした。

大阪へ行く・その3

11月24日

8時に目覚ましで起きる。

が、30分くらい動けず、ごろごろうとうとぐうたら。

のそっと起き上がって、顔洗って化粧して荷物をまとめて。

髪を巻こうとして準備してたのに、時間がなくてほぼ無理だった。

10時きっちりにチェックアウトして。

 

スーツケースは、迷ったのだけど、梅田でコインロッカーに入れることに。

鶯さんと落ち合って、ランチにガレットやクレープを食べたり

初めて柔らかいしっとり生地の、巻かれてないクレープを食べたのだけどほにゃほにゃで甘すぎず、本当、ぺろっと食べてしまった。。。うおおお、もったいない!と思いつつ胃袋に収めた。。。

アフタヌーンティでお茶したり。フルーツティって初めて飲んだ。シャ、シャレオツ~と思いつつ飲んだけど、やはり私は品よくは飲めないのだった。

って、食べてばっかみたいだな!ごちそうばかりしてもらって。。。なむなむと拝む。。。

みんなにお土産も買って。

微妙と噂の『たこパティエ』、弟に頼まれた『大阪 北堀江 プチエトワール』、母が好きそうな『りくろーおじさんのチーズケーキ』、姉と義理の兄に五感の『ええもん』(おすすめしてもらったんだけど、私も食べ…おいしかった…)帰りのパーキングで『おっとっと 手羽先味』をお土産に。

あと、お友達にヴィセアヴァンのアイシャドウ、『コスモプリズム』をば。

全部、鶯さんが案内してくれたり、おすすめしてくれてなんとかなった。。。有難うございました。。。

夜行バスに乗る前に、お好み焼きと、ネギ焼きも食べて、満腹~!

バス乗り場で写真も撮ってくださって、ほわわーとしながら帰った。。。

帰りのバスは指定してたから、多少揺れがマシで。

事故があって1時間半長く乗ったけど、最後まで頑張れた。

悪夢を見てしまい「・・・ふぐ、あああ・・・んんん!」と自分の寝言で目覚め、恥ずかしかった。。。

大宮から最寄り駅までは爆睡。一切記憶なし。笑

大阪へ行く.その2

11月23日

7時50分に到着。

着替えたいのに、着替えられそうな場所が見つからず、コンビニのトイレを借りる。

宿泊するカプセルホテルにスーツケースを預け、日本橋駅へ。

谷町四丁目で降りて、てくてく。

 

f:id:painful-ira:20161123091204j:plain

大阪城ですな。

遠くから見たときは、あれ?意外と小さい?と思ったのだけど

石垣、門、お堀がめっちゃ立派で

お城にたどり着くまでも結構時間がかかった。

間近で見ると結構お城も大きいし。

ていうか…人、多っ!!!

中国人観光客と、朝の散歩のお年寄りと、ランニングマンがたくさんで

人なんて全然おらんだろうな〜と思ってた自分の甘さを深々と感じる。

私は学がないし、真田丸とかも見てないので

誰が建ててなにしたの?って感じだったんだけど

めっちゃざっくり、豊臣秀吉が建てて、雷やら戦で何回か焼けて、今あるのは昭和に建て直したやつだということを知る。完。

f:id:painful-ira:20161123091501j:plain

ホットレモン飲みながら、ボーッとしてたけど、とにかく寒くて

そばにあったローソンに入り、腹ごしらえ。

おにぎりと、やきとり。

ホッカイロを腰に貼り、マフラーと手袋でこらえつつ、駅へ戻り。

 

お次は天王寺動物園へ。

家族、カップルがたくさん。

入場料は500円。(エンジョイエコカード使うと割引されますが、忘れてた)

ラクダ

f:id:painful-ira:20161123112257j:plain

王様ペンギン。左側の子、微動だにせず貫禄があった。

f:id:painful-ira:20161123113805j:plain

ライオン

f:id:painful-ira:20161123115346j:plain

他にも写真撮ったのだけど、アップロード大変なので割愛。。。

こんな都会で動物と会えるのはすごいなぁ。

。。

色々面白いポイントなんかもあったけど、誰かと共有できないのが少し寂しくなった。そして1人は想像より浮きまくりで、なんかちょっと申し訳なくなった。

 

新世界でたこ焼き。

たしか、かんかんってお店。

8個で350円…安っ!

アツアツで、特に中身がトロトロでおいしい〜。

私が食べるたこ焼きといえば、銀だことかだから、外が揚げ焼き、中が少しトロリ、くらいだから

外がフニャッとして中がトロトロのたこ焼きは初めてだったな。

 

その後あべのハルカスで用事のあるお店の場所を確認して

天王寺ミオのムーミンカフェへ。

ストロベリーミルクティを頼んでみたけど

ちょっとイメージと違い、美味しくなく。

こういうときは、冒険しない方がいいなーとしみじみ。 

上の方にある本屋さんに行って御朱印帳を探すが見つからず、諦めて四天王寺へ。

f:id:painful-ira:20161127210545j:image

(今はこんなにかわいい御朱印帳があります。)

 

天王寺から歩くのとどっちが速いんだろう?と迷ったけど

四天王寺前夕陽ヶ丘まで行って、そこから歩く。

f:id:painful-ira:20161127211155j:image

聖徳太子が建てたもので、すごいご立派なお寺。改修工事中?でした。

時間が遅く、入れない箇所もありましたが、転法輪をまわしたり出来て嬉しかった〜。

その後は天王寺駅までまた歩き、電車に乗り、日本橋駅へ戻る。

ここで、また道に迷いかける…地下鉄は出入り口が多すぎる…はふ。

カプセルホテルにチェックインして、注意事項など説明を受けて、自分のカプセルへ。

へなへな〜と気が抜けて、ぼーっとする。

 

19時半到着を目安にあべのハルカスへ。

ブログでお友達の方…うーん、なんて名前にしよう。。。

会った時の第一印象というものはどうしても、私は目が見えるので、容姿になってしまうが

お人形みたい!と思ったので、お人形さん?

メジロみたいに綺麗、と思ったので、メジロさん?

f:id:painful-ira:20161128000515j:image

色で言えば私の中では昔からずっと、赤の印象だったのだけど、メジロは鶯色だから、鶯さんにしとくかね。。。違和感がすごいけども!笑

 

鶯さんはお化粧品の販売をしている方で。

キョロキョロと探してたら、「なにかご用ですか?」と店員さんに怪しまれてしもうた。。。

私の中では百貨店の化粧品売り場なんて、歩いてるだけでターミネーター…じゃなく、ドリフ(もちろんオチの曲)が流れるので、てんやわんやだったのでした。

せっかく栃木から来たので、お土産を渡し。

栃木はなにもないのだけれど、とちおとめ系やレモン牛乳的なおかしはあるので

その中でも危なげないものをチョイス。

f:id:painful-ira:20161128001650j:image

迷ったのはこれ

f:id:painful-ira:20161128001950p:image

フェイスパックは肌に合わないと終わりだし、あげるには結構大容量なのでやめた。

でも栃木に来る機会がある方や女性へのお土産にはオススメ。

御用邸チーズケーキも美味しいんだけど、長時間の持ち運びには向かない。

 

丁寧に接客してもらい、ほっとする。

知らない場所にずっといたからか、知っている人に出会えて優しくしてもらい涙がほろりと出そうだった。弱!笑

肌診断的には油分も水分も足りずスカスカなお肌だった。

メイク落とし、スキンケア、落とした部分をメイクしてもらい…つやつやになっていくのが幸せで、人に触れられるのが気持ちよくて

トリミングされる犬ってこんな感じなのかな、と思っていた。

 

乳液+美容液+クリーム、か、乳液+美容液+オイル、を考えていたのだけど

クリームでフタをするのが大事、ということで乳液とクリームを買って。

気になってたファンデーションがあったのだけど、私の肌には今時期には合わないそうな。

でもサンプルを入れてくれていた…ありがてぇ…ありがてぇ…お試しさせてもらおう…。

 

閉店時間まで居て、無事商品も買えて、一安心。

21時まで天王寺ミオを散策。

女子が好きなショップをぎゅって詰め込んだような建物で。どんなちんちくりんな格好をしていても、ここでお金を落とせばお洒落になりそうだな〜と思いながらぶらついた。

大きなツリーがあって、みんな記念撮影をしたりしていた。

f:id:painful-ira:20161128014228j:image

鶯さんと落ち合ってごはん。ホルモンをご馳走になり…とろける〜。

コリコリしたり、ホニャホニャしたり、部位はほとんどが謎だけど、こんなにいろんな種類があるとは!!と驚いた。

2、3年ぶりにまともにお酒を飲んだ。禁酒をしているとかではなく、飲む機会もないし、飲みたい友達もいないから。

ほんわかしながら歩いて、次のお店へ。

コテコテの大阪弁を操る?おっちゃんのいるお店で

色んな人が横並びでギュウギュウになってお酒を飲んで楽しそうにしていて

なんちゅう幸せな空間だ〜、としみじみ。

おっちゃんたちも優しいし怖くないし、私と負けず劣らず声がデカく。笑

鶯さんが大切にしている人、鶯さんを大切に思っているであろう人を

私も大切にしたり、なにかしら繋がりを持てたら良いことだなと思いながらお金を支払い

私はお酒をあまり飲みなれないので、前によく言われたのが

「ルナルナは、ジュースみたいにお酒飲むから、酔っ払うのも早いんだよ!」という言葉

それをすっかり忘れ、がぷがぷと飲み、、、へべれけ。笑

吐いたり出したりはしなかったものの…駅まで送ってもらい…心配もかけ、申し訳ないことを…反省。

でも

酔っ払って足元ふわふわで、誰も知っている人のいない街で1人で歩くの、、、、クッソ楽しい…。。。

も、あんなに足取りが不安定になったの初めてで(多分冷静に考えると、疲れと睡眠不足が重なっていたから酔いも早く深まった)

足が痛いのも忘れ、なんば駅を降りたものの、ここどこ?という状態で、グーグルマップに頼り、それでも30分くらい街をさ迷い

落ち着かなきゃ、と花壇に座り込み、立ち上がろうとして財布落としたり

トイレに行きたくてコンビニで水を買い、「トイレお借りしていいですか」と言ったら「うちトイレ貸してないんですよ」と中国人店員に言われ

トイレに『ご自由にどうぞ』って張り紙あるやんけボケ!!!と思いながら、おしっこ我慢しながら水がぶ飲みして帰った。

スーツケースの中身を整理し、シャワーを浴びて、きちんと目覚ましをかけて寝た。

 

 

大阪へ行く.その1

大阪へ行くのに、なにしよ〜とずっと考えていて。

何も浮かばず、つまんない人間だなぁ私は…と凹んだりした。

私はきっちり予定を立てるのが好きなくせに、大体のことはスムーズにいかないし。

とりあえず、町の人たちになんとなく溶け込めるように

ブーツとチェスターコートを買った。

ダサくとも、なんとなくシルエットで、ちゃんと服を着ている人、と思われたく…(なんじゃその目標は)

スーツケースの中身の反省点とか、後でメモしとこう。


11月22日

車で送ってもらい、駅へ。

ATMでお金をおろして、電車に乗って新宿で下車。

南口に出るはずが、新南口に出てしまい

え、バスタ新宿どこ?と戸惑う。

看板をみたら、改札出てすぐ左に高速バス、と書いてあり

嘘でしょ?と疑いつつ行ってみたら、本当にそうだった。w


バスの座席は指定できず、一番後ろの席に配置されてしまい。

前方を男性、後方を女性で固めていた。

びっくりするくらいの閉塞感と振動に、すっかりバス酔い。

バス酔いが人生初だったので、対処に困り、ネットで調べたら

チョコレートや炭酸がよいと書いてあったので

休憩で一目散に降りて、チョコレートとサイダーを買う。

外の空気を吸えたのが一番良かった気がする。

ウトウトを繰り返して、合計1時間くらい眠り、難波に到着。